群馬にある日本国道最高地点に行ってみた。

連休を使って以前から気になっていた日本国道最高地点”渋峠”に行ってみました。

その日本国道最高地点とは群馬県と長野県の県境付近にあるんです。

最高地点の標高は2172mです。

つまり、上毛三山の赤城山、榛名山、妙義山よりも高い位置にあるということです。

というか谷川岳(1977m)よりも高いですね。

そんなところに車で行けるとは驚きです。

アクセス

群馬県吾妻郡中之条町入山。↓

道中

国道145号から国道292号に入りそのまま道なり。

草津白根山に近づいてくると硫黄の香りが強くなってきました。

火山ガスが危険だからか駐車禁止の看板が多くあります。

 

道中にある展望レストランは数年前の噴火の影響か休業となっていました。残念。

休業していなければ車を駐車場に停めて有名な”湯釜”も拝むこともできるんですかね。

 

草津町から目的地の間の国道292号線の間にはいくつかパーキングがあります。

そこから撮った写真をいくつかアップしておきます。↓

 

雪が少し残っている。↓

 

最高地点はまだ先っぽい。↓

 

 

この地点で2119m。↓

 

草津温泉街が一望できる。↓

最高地点に到達

ところごころ休憩も合わせてトータル3時間かけて到着。

車は8台ほど停めるスペースがあります。

現地の気温は車の温度計で17度。肌寒いです。

用意しておいたインナーダウンを羽織る。

平日なのもあってそこまで人は多くないです。

土日は混雑してそうな予感。

 

モニュメント。↓

 

国道292号の歴史が記述されている。↓

 

草津白根山。↓

 

地表から火山ガスが出ている。↓

 

モミの木ですかね?↓

まとめ

今日は天気が良く美しい景色を望むことができました。

当然ながら標高2000m以上あります。

気温は下界と比べて10度以上低いので温かい服装を用意して正解でした。