記事内に商品プロモーションを含む場合があります

フライ 止水(湖)のシングルハンドスペイキャスト考察

フライフィッシングは本当に面白いです。

練習でキャスティングを上達させてボス(魚)に挑むなんてRPGみたいですね!

今回はフライキャスディングの中でもマイナーっぽいシングルハンドスペイキャストです。

ネットでシングルハンドスペイを調べても情報が少ないです。

スペイキャストで楽に遠くへ飛ばすならDH(ダブルハンド)で十分だからですかね。

とくにYouTubeでシングルハンドスペイ動画は本当に少ないです。

情報が少ないということはまだ開拓の余地があるともいえます。こんなときは素人ブロガーの出番です。

シングルハンドスペイのラインシステム、キャスト方法などを独学の私が考察してみたいと思います。

 

シングルハンドスペイとは?

フライフィッシングのシングルハンドで水面を使う投げ方の総称らしい。

ロールキャスト、シングルスペイ、スカジットキャスト、アンダーハンドなどシングルハンドでキャストするのは全てシングルハンドスペイってことだと思います。

ずらずらとキャスト名を並べましたが、私自身どの名前がどのキャストなのかいまいちよく分かっていません(笑)

該当するフライラインを使うとその名称になるのか、投げ方自体の名称なのか、ややこしいです。

普通の投げ方(オーバーヘッドキャスト)はバックスペースが必要になるのですが、シングルハンドスペイはバックスペースほとんどなくてもキャストできるのです。

出典:スペイキャスティング

シングルハンドスペイのメリットと思われるところ

キャストの飛距離はダブルハンド(DH)に敵いませんが↓のようなメリットがあると思いました。

  • DHよりもバックやサイドが少なくてもキャストできる。
  • DHよりも静かにアプローチできる。(水面を荒らしにくい)
  • ロッドが短いので手前まで探れる。
  • ロッドが短いので移動が楽。
  • とっさのライズに反応しやすい(サイトフィッシングしやすいとも言える)
  • 近距離を手返しよく探れる。
  • DHと比較して低価格でタックルを揃えられる。
  • 写真映えする笑

一発がでかい両手剣(ダブルハンド)に対して手返しの良さで勝負する片手剣(シングルハンド)って感じですかね。

もちろん飛距離以外にも弱点もあって

  • 片手で振るので疲れる。
  • 風に弱い。

 

個人的に一番のメリットは釣り座の選択肢が増えるところ。

良いポイントというのは人が入っている可能性が高い。

DHが入れないようなバックスペースがほとんどない。木が邪魔でロッドが振れないところでもシングルハンドなら投げらそう。

深く立ちこまなくてもキャストできるので浅瀬を回遊している魚を狙うのにも向いていそうです。

すでに知り尽くされたような有名なフィールドでも穴場を開拓できる可能性があるといえます。

シングルハンドスペイのシューティングヘッドは?

シングルでもダブルでもスペイキャストの種類によってラインが違ってきます。

私の場合、止水(湖)でスペイをします。

止水では・・・↓

  • SA アトランティックサーモンショート・シングルハンド
  • KEN-CUBE パワーヘッド

ここらへんを使っておけば間違いなさそうです。

上記の二つの良いところはフローティング以外にシンキングラインも充実しているところです。

引用元・・・ティムコ公式 アトランティックサーモンショート・シングルハンド

リーダーの長さは?

リーダーの長さは悩みました。明確な基準はないようです。

ティップがついていればリーダーはなくても良いという人もいるし本当によくわからない・・・。

フライ雑誌に著名なフライマンのラインシステムが記載されていましたが、人それぞれ違いました。

 

湖のドライフライorストリーマーでは、太さは0X~2X、長さ9フィート~12フィートという人が多かったです。

  • フローティングなら長めにシンキングなら短めに
  • アンカー抜けにくいなら短く、逆なら長く

って感じですかね。

とりあえず短くしておけばロッドの振り幅を調整してコントロールができそうです。

水面の高さは一定ではないですし、もっと細かく言えば自分の身長や腕の長さも考慮する必要があるので投げやすい長さというのは自分で見つけるしかないのかもしれません。

 

スペイキャストは難しい?

スペイキャストとは本来、川で角度変換をするキャストのことを言うそうです。(管理釣り場のオーナーさん?から教えてもらいました)止水で角度変換をしないキャストは正しくはジャンプロールキャストといいます。

 

スペイキャストが難しいと言われる理由の一つ。ラインシステム、キャストの種類が多く複雑なところです。

私のような独学では練習以前に道具選びから迷うわけです。

重要なのはやはり「どんなところでどんな魚を釣りたいか」だと思います。

 

YouTubeには色んなフライマンのキャストがあります。しかし、具体的なラインシステムが明記されているものは多くないです。

水面の高さや体のサイズなどの差はありますが、全く同じロッド、ライン、ヘッド、リーダー、ティペット、フライを使えば理論上?同じキャストができるはずです。

 

去年ロールキャストで20m飛ばす方法という記事を書きました。

あれは主に管理釣り場で岸から投げること前提でしたので、比較的簡単に覚えられました。しかし、立ち込みでは話が違ってきます。

水面の高さ、アンカー位置、ラインシステム、ロッドの振り幅など色んな要素が絡んでくるので難しく面白いです。

 

フライフィッシングからキャスティングだけを切り取るとただの物理現象です。

トーナメントキャスティングというフライキャスティングで飛距離を争う競技があります。

同じようにだたの「毛ばり投げフライキャスティング」と解釈すれば、水中の生き物相手の「魚釣り」よりもはるかにシンプルで分かりやすいコンテンツともいえます。

まぁそうはいっても「風」という不確定な要素もありますし、なかなか上手く投げられないのがフライキャスティングなんですが(笑)

止水ならどんなキャストが良いのか?

先ほども申し上げた通り、私は独学のなんちゃってフライマンなのでスペイキャストの種類はよくわかりません。

いろいろ調べて何度も試した結果、止水(湖)に限っていえば比較的簡単に習得できる。飛距離も出る。小バックスペース、風にも対応できるのはラインを折りたたむ系のキャストだと思いました。

ラインを折りたたむキャストはシューティングスペイ、ペリーポークなどと呼ばれています。

一度折りたたむので水面を荒らしやすいともいわれていますが、シングルハンドでしたらツーハンドと比べてヘッドが軽く短いのでバチャバチャを軽減できるかもしれません。

 

キャストで意識したポイントは・・・。↓

  1. アンカー位置は斜め手前。(手前を意識すると実釣でバックに気に取られることが減る)
  2. シンキングラインの場合は折りたたんだらすぐにスイープに入る。(放置するとアンカーがぬけにくくなる)
  3. スイープ中ロッドは止めない。
  4. シュートでロッドを止める瞬間に最高速度になるようにする。
  5. 慣れてきたらダブルホールを入れる。

ダブルホールを入れると飛距離が伸びるのは勿論ですが、シングルハンドスペイの弱点でもある向かい風にも対応しやすくなりますね。

追記・・・2022/12/21   動画をアップしました

スマホからだとちょっと見にくいっす。画面を明るくして全画面にするとラインの軌道が分かるかもしれません。

ウェーディングの深さは膝くらいです。

正直2投目のスロー再生はミスキャスト気味です。

 

やはりダブルホールを入れやすい折りたたむ系スペイが飛距離伸びて風に対応しやすいです。

これは自分の主観でした。ホールを入れるタイミングがつかみやすいというのが正解かも。

さらに追記・・・動画アップしました

スマホからだと見にくいかもしれません。YouTubeアプリで見るか横画面にすると少し見やすくなると思います

基本脇は締めてヒジを使うように意識すると上手くいくことが多い気がする。

タックル

  • ロッド:Maxcatch EXTREME 9084(9フィート8番)
  • リール:Maxcatch TINO 5/6wt  商品リンク
  • シューティングライン:TIEMCO エアロシューター24lb 
  • ヘッド:SA アトランティックサーモンショート SH 8/9 S1S2(7.2m) 商品リンク
  • リーダー:TIEMCO フロロリーダーハイエナジー1X 9ft(2.7m) 商品リンク
  • ティペット:シーガー グランドマックスFX1号(1m) 商品リンク
  • フライ:マラブーストリーマー系

ヘッド+リーダー+ティペットの長さは10.9m。

個人的にまぁまぁの向かい風でもコンスタントにキャストできるシューティングライン(ランニングライン)の長さは15m~17mです。

綺麗にターンしていれば自分からフライまで25m~の飛距離が出せることになります。

中禅寺湖でレイクトラウトを釣った動画

2023/5/10朝。6:20頃。国道側での釣果です。運が良かったですね。

ほぼ無風です。折りたたまないキャストを使っています。

使用タックルは↑のキャスト動画と同じです。

まとめ

今回シングルハンドスペイ考察の記事を書きました。

 

よくわからないコンテンツを試行錯誤しながら自分の形にするのはとても楽しいことです。

スペイ界で有名とされるサイモン・ゴーズワースは著書スペイキャスティングで「筋肉に教え込んだ記憶が重要である」と言ってましたが「練習」という要素も他に釣りにはあまり見られないフライフィッシングの魅力なんですな。

フライライン(シューティングヘッド)は買って投げてみないと分からないのが財布的に痛い部分です。まぁ前向きに見れば自分にあった道具選びも楽しみの一つといえますね。

 

湖ではDHの人を多くみかけますね。

番手にもよりますが、60cm程度の魚相手にダブルハンドは公道でスーパーカーを走らせるようなオーバースペック感があるんです。

風、飛距離、毛ばりの大きさなどの問題でダブルハンドを使わざるを得ない場面も多々ありますが、個人的にはシングルハンドがカッコいいんですよねぇ。

 

キャスティング技術はまだ未熟です。今後自分がスキルアップしたら追記、修正していく予定です。

 

フライロッド 激安中国製ダブルハンド(ツーハンド)の飛距離は?
こんにちは。なんちゃってフライマンのかずです。 湖のトラウトフィッシング用に買った中国製ツーハンドロッド。 ぼくが安いフライロッドに拘る理由はいろいろあるのですが・・・。 安いフライロッドはどこがダメ?本当に飛ばないのか? とりあえず安いロ...
シングルハンドスペイ 激安ラインシステムを考えてみた
フライフィッシング道具高いんだわ こんにちは。なんちゃってフライマンのかずです 釣り業界も値上がりラッシュですね そんなとき気になるのは、廉価品かと思います フライフィッシングはお金がかかる…。たしかにそれなりのロッドやラインを使ったほうが...