(フライ)止水のシングルハンドスペイ考察

ネットでシングルハンドスペイを調べても情報が少ないです。

スペイキャストで遠くに飛ばすならDH(ダブルハンド)で十分だからですかね。

とくにYouTubeでシングルハンドスペイ動画は本当に少ないです。

情報が少ないということはまだ開拓の余地があるともいえます。

シングルハンドスペイとは?

シングルハンドで水面を使う投げ方の総称らしい。

ロールキャスト、シングルスペイ、スカジットキャスト、アンダーハンドなどをシングルハンドでキャストするのは全てシングルハンドスペイってことだと思います。

ずらずらとキャスト名を並べましたが、私自身どの名前がどのキャストなのかいまいちよく分かっていません(笑)

該当するフライラインを使うとその名称になるのか、投げ方自体の名称なのか、ややこしいんですな。

シングルハンドスペイのメリットと思われるところ

  • DHよりもバックやサイドが少なくてもキャストできる。
  • DHよりも場を荒らしにくい。
  • ロッドが短いので手前まで探れる。
  • ロッドが短いので移動が楽。
  • ホールを入れられる。
  • 小さい魚とのファイトでも楽しめる。

個人的に一番のメリットは釣り座の選択肢が増えるところ。

良いポイントというのは人が入っている可能性が高い。

DHが入れないようなバックスペースがほとんどなかったり木が邪魔でロッドが振れないところでもシングルハンドなら投げらそう。

すでに知り尽くされたような有名なフィールドでも穴場を開拓できる可能性があるといえます。

スペイキャストのラインシステム

シングルでもダブルでもスペイキャストの種類によってラインが違ってきます。

私の場合、止水でスペイをします。

ラインシステムはAFFTAのような基準はないので各メーカーを参考にしました。

止水では・・・↓

  • SA アトランティックサーモンショート
  • KEN-CUBE パワーヘッド

ここらへんのライン重量・適合ロッドが参考になりそうです。

リーダーの長さは?

一番悩んだのがリーダーの長さですね。明確な基準はないようです。

ティップがついていればリーダーはなくても良いという人もいるし本当によくわからない・・・。

フライ雑誌に著名なフライマンのラインシステムが記載されていましたが、人それぞれ違いました。

湖のドライフライorストリーマーでは、太さは0X~2X、長さ9フィート~12フィートという人が多かったです。

  • フローティングなら長めにシンキングなら短めに
  • アンカー抜けにくいなら短く、逆なら長く

って感じですかね。

スペイキャストは難しい

去年ロールキャストで20m飛ばす方法という記事を書きました。

あれは岸から投げること前提ですので、比較的簡単に覚えられましたが、立ち込みでは話が違ってきます。

水面の高さ、アンカー位置、ラインシステム、ロッドの振り幅など色んな要素が絡んでくるので難しく面白いです。

止水ならどんなキャストが良いのか?

先ほども申し上げた通り、私は独学のなんちゃってフライマンなのでスペイキャストの種類はよくわかりません。

いろいろ調べて試した結果、止水に限っていえば一番簡単に投げられて飛距離も出る。風にも対応できそうなのはラインを折りたたむ系のキャストだと思いました。

ラインを折りたたむキャストはシューティングスペイ、ペリーポークなどと呼ばれています。

一度折りたたむので水面を荒らしやすいともいわれていますが、シングルハンドでしたらツーハンドと比べてヘッドが軽く短いのでバチャバチャを軽減できるかもしれません。

ラインをたたむキャストならある程度の風への対応もできそうですし、シンキング系のヘッドも投げられそうです。

 

まだまだ練習中の身ですがアップした動画を貼っておきます。↓

(練習中)シングルハンドスペイ

なるべく実戦に近い形でシステムを組んでみました。

はじめはシュートしないでアンカーの抜け具合をチェック。

抜けやすい、抜けにくいと感じたらリーダーで調節。

 

  • ロッド:Maxcatch EXTREME 9084(9フィート8番)
  • シューティングライン:スーパーファイヤーラインカラード 50lb
  • ヘッド:SA アトランティックサーモンショート SH 8/9 S1S2(7.2m)
  • ティップ:1m タイプ4
  • リーダー:6フィート(1.8m)
  • ティペット:1m

(ティップは沈みやすくするようにつけています)

合計7.2+1+1.8+1=11m

ティップはriverpeakトラウトリーダー12フィート タイプ3の先端(リーダー側)から1mカットしたものを使いました。↓

 

このriverpeakトラウトリーダーはスカジットラインのティップのようなものみたいでシューティングヘッドの延長線として使えます。アンカー調整や沈む速度調整に便利なんですな。

私は7.5フィート~12フィート

フローティング、インターミディエイト、タイプ4などほぼ全種類所持しています。

 

キャストで意識したポイントは・・・。↓

シンキングラインの場合は折りたたんだらすぐにスイープに入る。(放置するとアンカーがぬけにくくなる)

ゆっくりラインを引きはがして徐々にスピードを上げる。(スイープ中ロッドを止めない)

ロッドを止める瞬間に最高速度になるようにする。

慣れてきたらダブルホールを入れる。

まとめ

今回シングルハンドスペイ考察の記事を書きました。

よくわからないコンテンツを試行錯誤しながら自分の形にするのはとても楽しいことです。

フライライン(シューティングヘッド)は買って投げてみないと分からないのが財布的に痛い部分ですな。