フライタイイングバイスの土台部分をセメントで代用してみた。

久々に毛ばりを作りたいと思い、以前から部品がなかった毛ばりを作るやつ(タイイングバイス)を修理してみようと思いました。

土台とアーム?を繋げる部分がない。いったいどこにいったんだろう・・・

 

Amazonで新品のタイイングバイスを検索してみると・・・

一番安い物でも3000円ほど・・・

こんなものに3000円もかけたくないので、セメントを使って土台を固定してみることにした。

土台は鉛筆立てを使用。元の土台にガムテープを使い本体?部分を固定 

 

ホムセンに売っていたモルタル 300円程度。

 

説明通りに水を加え混ぜてみる。

 

モルタルを流し込む。

 

固まるには24時間かかるそう。

 

あれ・・・アーム?の向きが逆のほうがよくないか・・・?

無理矢理半回転させて出来上がり。↓

見た目は悪いけどしっかり固定できてるんで問題なし。

修理?に使ったものはホムセンで買ったモルタルと家にあったペンケースのみ

300円ほど。

ちなみ私はフライフィッシングも毛ばり作りもおもいっきり素人。キャスティングも独学です。フライは管理釣り場でしかしたことないですが、適当に作った毛ばりでも釣れる。

頼りになるのはネットの情報と釣りを卒業した父親の助言ぐらい。

渓流釣りに行ってみたいけどさすがに一人でいくのはこわいなぁ。