釣り場レポート 群馬県太田市”八重笠沼”(バス釣り)

以前から気になっていた管理釣り場 八重笠沼に行ってきました。

八重笠沼は県内では珍しいブラックバスが放流されるポンドがあります。

釣り場には八重笠沼に詳しい釣り友に案内してもらいました。

八重笠沼の公式HPはこちら↓

鮎川湖|海老沼養魚株式会社|八重笠沼の釣り場情報|八重笠沼
群馬県太田市にあるブラックバスや雑魚釣りが楽しめる八重笠沼の釣り場情報ページです。当管理釣り場では、法律を遵守し、ブラックバス釣りの環境をお客様に提供し続けられるよう、今後も努力して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

話によると放流は少なく、難易度が高い管理釣り場とのこと。

アクセス

駐車場

レストハウス

営業時間

7:00~16:00

定休日:木曜日

※2021年5月時点

料金

一日券:3000円

半日券:2000円

レギュレーション

バーブレス

トイレ

一応仮設トイレ2台あります。↓

ポンド

田んぼを無理矢理?改造したようなポンド。

  • 北池(ブラックバス)
  • 中池(雑魚)
  • 南沼(雑魚)

と別れておりこの中でブラックバスが放流されているのは北池のみとなっているようです。

今回バス釣りをするので北池メインで釣行しました。↓

北池は300m×50mの長方形ポンド。

水深は適当にロッドを刺して測ってみましたが。深いところで1m~1.3m、浅いところで0.5m。基本的に浅い。

 

航空写真などで見るとかなり広い印象。

池周りは草が生えまくっており実際に釣りができる場所はそこまで広くないです。

岸沿いはぬかるんでいるところも多いので長靴に履き替えました。

 

釣行開始時の水温は約20℃

池を眺めると水草が大量に生えているのが見えます。

ハードルアーを投げたら簡単に根がかりしそうな印象。

ウィード(水草)に強いワーム、スピナーベイトなどが良さそうです。

 

タックル

  • ロッド:シマノ ルアーマチックS70
  • リール:ダイワ レブロス2500
  • ライン:ナイロン6LB
  • ワーム:3.5インチ カットテール

ノーシンカー、テキサスリグ、ダウンショットなど

戦術

ワームのフォール、ずる引きなど

釣果

ここまでウィードの多い釣り場は未経験です。

霞ヶ浦メインでバス釣りしているKさんにおすすめリグとワームアクションのアドバイスを貰う。

このようなウィードの多い釣り場&風が強い日はノーシンカーは厳しい。

シンカー(重り)を使い確実にボトムを取ることが重要らしい。

営業終了間際になんとか一匹釣りあげました。↓

まん丸と太った35cmぐらいのブラックバス。

まとめ

釣り場は水草が多くハードルアー系を投げるとすぐに根がかりしそうでした。

ワームは必須ですね。

 

釣り終えてから分かったんですが、数日前に放流したばかりだったようです。

常連っぽい人たちはかなりの頻度で釣っていたので、八重笠沼は今一番の釣り時かも?