ロッドケースに収まる超大物用 三角タモの紹介。

本格的に鯉釣りをすると決めたときに一番悩んだのが、釣れた魚を取り込むためのタモです。

なぜかというと、マイカーがコンパクトカーなので大型1ピースのタモは車の容量的に厳しいと思ったからです。

ネットで色々探してみると、これは!というアイテムを見つけました。

最強の鯉エサ 龍王スペシャル暁を販売していることで有名な

大鯉研究所 折りたたみ三角タモ(タモの柄は別売りです)

タモの柄はアルミ製のものを使っています。

本格的なタモの柄は高価なので、3000円以下で購入できて伸縮できるものを使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ランディングポール2m[ブルー]八角スティック3段(玉の柄 W1/2)
価格:2420円(税込、送料別) (2020/2/18時点)

 

これが折りたたみ状態。

収納サイズ 70×70×1100となるのでロッドケースに竿と一緒に収納することができます。

 

これがタモの柄を取り付けた状態です。

一辺1040mmで網もかなり深いのでメーターオーバーの鯉はもちろんソウギョやアオウオも余裕で取り込みができると思います。

 

ジョイント部分です。

フレーム部分は丈夫なカーボンでできてますので耐久性も問題なさそうです。

お手頃な価格なのもうれしいですね。

 

大鯉研究所の仕掛けの作り方(発砲吸い込み仕掛け)など色々参考にさせていただいております。

特に大鯉研究所代表 高橋冨士夫さんのYouTubeの鯉釣り動画の作りこみには驚かされます。

水中動画で鯉が針を飲み込む様子など、動画を見て勉強して、いつか1メートルの大鯉を釣るのが目標です。