川場フィッシングプラザ フライで大物狙い 大物は釣れるか?

群馬県利根郡川場村にある川場フィッシングプラザに行ってみました。

5年前に行った時はドライフライ(浮く毛ばり)でバカスカ釣れちゃう印象だったので、

大物狙いの毛ばりを用意してみました。↓

左上が10番で巻いたフライ。下の二つが6番で巻いたフライ。

どちらもウェットフライ、かなり適当に巻きました。

 

6時前に友人と現地で待ち合わせ、開店前の入り口を見てみると、休日もあってか20人以上のお客さんが並んでいる。

パチンコ屋の開店前もこんな感じなんですかね。

受付で午前券を購入。

私たちが入場する頃には良い場所はほとんどとられてしまいました。

というか、入れそうな場所は全然ない・・・。

申し訳ないと思いながら、無理矢理は入れそうな場所で釣行開始。

タックル

  • フライロッド 6番9フィート
  • フライライン MAXCATCH スカジットシューティングヘッド 16g 5m
  • インジケータ TMCループインジケーターMサイズ

戦術

至って単純。

フライから1m程度のところにインジケーター(浮き)をつけて、15m-20mほどキャスト

あとは放置したり、ゆっくり引いてみたり・・・

結果

相当な数が釣れましたが、一番大きなサイズで35cmほどのニジマスでした。

10番のフライフックでは入れ食い状態になります。

6番フックで巻いた大きいウェットフライになると、釣れるトラウトのサイズはよくなりますが、それでも30センチ台が釣れてしまいます。

50オーバーの大物狙うならルアーのほうが有利かもしれませんね。

まとめ

休日なのもありますが、混み具合が半端ないです。

対角側の人と何度も”おまつり”してしまいました。

自由にフライを投げることは難しかったです。

次行くなら空いてる平日に行ってみましょうかね。

とりあえず魚釣るだけならルアーでもフライでも簡単に釣れると思いますので、

空いている平日などに家族やデートにいいかなと思いました。