釣り動画を撮影する時のカメラ取り付け位置は頭よりも胸元がおすすめ。

私はブログの釣行記事で使う写真は、スマホのカメラの他に”アクションカメラ”を常時回して撮影しています。

今はブログで釣行をお伝えしていますが、今後、YouTubeで動画を配信してみたいというのも理由の一つです。

アクションカメラを使う前は、スマホのカメラを使って写真を撮っていましたが、毎回スマホを取り出すのは面倒なので、いつしかアクションカメラを常に回すようになりました。

釣り動画を撮影するにあたって悩んだのが、体のどの部分にカメラを取り付けるか?です。

ここでいう釣り動画とはルアー、フライなどの一人称視点での動画です。

候補になるのは?

一番手軽でベーシックな取り付け箇所です。

私はパナソニックのHX-A500というアクションカメラを使っているので、キャップのつばに取り付けて撮影しています。↓

パナソニックのウェアラブルカメラ 帽子のつばが映る問題を解決。
私は登山に行く時、必ず道中の動画を撮影するようにしているんですけど、 その撮影で使っているのがパナソニック HX-A500です。↓ 専用のヘッドマウントをつけた状態で帽子(キャップ)を被ると・・・。 帽子のつばがちょっと映って...

GoPro系の箱型カメラでしたら、ヘッドマウントが必要となります。

頭にカメラを取り付けると、こんな感じの視点になります。↓

頭につけた場合の弱点

手元が見えないところ。

YouTubeの釣り動画を見ていると、リールのハンドルスピードが気になるんですよね。

ハンドルスピードまで撮影できれば、視聴者にも良心的ですよね。

胸元

私はここ最近、釣り動画を撮影するときは、この胸元に取り付けることが多いです。

理由は胸元にカメラを取り付けると、リールのハンドルを回すスピードまで映るようになるからです。

 

撮影したときはこんな感じ。↓

手元が見えていると、見えないときよりも、臨場感が伝わってくると思います。