エクストレイルT32 ドラレコ取り付け リアカメラの配線など

一カ月ほど前に中古で購入したエクストレイルT32前期型。↓

ドライブレコーダーがついてなかったので取り付けを考えていました。

そこで迷ったのが・・・

  • カーショップで取り付けてもらう。
  • 自分で取り付ける。

のどちらかです。

カーショップで取り付けしてもらう場合、ドライブレコーダーの選択肢も限られるし工賃もかかります。

なので、自力で取り付けてみることにしました。

自力で取り付けることができれば本体分のみの価格ですみます。

購入したドライブレコーダーは・・・

  • anero ドライブレコーダー(Amazonで購入)

価格は5980円

意外としっかりした箱。

 

ドライブレコーダーのパッケージ内容

  • 本体
  • バックカメラ
  • シガレット電源コード
  • リア用配線コード
  • スタンド大
  • スタンド小
  • microSD 32ギガ
  • 説明書

 

取り付け開始!

給電はシガーソケットから

私はヒューズ関連の車知識は皆無ですので、シガーソケットから給電することにしました。↓

(注 この電源コードは付属のコードではありません)

 

まずはドライブレコーダーの位置決定

位置決定は非常に悩まされました。

最終的に助手席側バックミラー左側に取り付けることにしました。

このドライブレコーダーは吸盤タイプのスタンドですので、黒いブツブツだとくっつきません。↓

 

そんなこともあろうかと吸盤用補助版を用意しておきました。↓

 

このシールの上からならしっかりと吸盤でくっつきます。↓

配線

ドライブレコーダー本体からシガーソケットまでの配線

赤い線がコードのルートです。

 

フロントガラスと内壁の間にコードをしまっていきます。

 

Aピラー内張を外してコードを仕舞います。

 

ちょっとコードが見えてるけどしかたないかな・・・。

 

この部分をパカっと開けて配線を隠す。

 

フロアマットを敷けばコードは見えなくなります。

 

配線はほぼ隠すことができました。

 

リアカメラの配線

リアカメラはドライブレコーダー本体と繋げる仕様です。

適当で申し訳ありませんが、赤い線がバックカメラのコードルートです。

 

隙間にコードを埋め込んでいく。

 

リアハッチのところまでたどり着いた。

 

ここからが難関でした。

赤い線がコード導線。

 

ボディと内張の間にコードを入れていきます。

 

もう少しでチューブ部分へ・・・。

 

チューブ内にコードを通す。

このチューブ、内側は意外と細い上にすでに他のコードが通っているのでかなり大変。

無理矢理押し込めるように通しました。

あらかじめ両面テープで固定しておいたリアカメラ。

 

蓋をあけて本体からのコードと連結した。

コードが太いのでカバーに小さな穴を開けました。

 

最終的に配線を綺麗に隠すことができました。

 

撮影時の様子

フロントカメラ側

解像度は1080p(1920×1080ドット、フルHD)です。

更に高解像度の1296P(2304×1296ドット)も選ぶことが出来ます。

 

リアカメラ側

解像度は480p(720×420ドット)

 

まとめ

自力で取り付けたのでドラレコ代6000円だけですみました。

素人の出来栄えですが、自分の車スキルも向上したので満足。