キャンプでアウトドアワゴンは必要か?

キャンプ用のアウトドアワゴンって必要かどうか悩みますよね。

アウトドアワゴンというのはこういうやつをいいます。↓

私が持っているのはコールマン アウトドアワゴン。

 

収納時の状態

 

先に結論を申し上げますとオートキャンプでは必要優先度は低いです。

オートキャンプ場は車を直駐めできる

ワゴンというのは主にキャンプ道具を移動するためのアイテムです。

オートキャンプ場というのはキャンプサイトに車を乗り入れできる場所が多いので、車から直接荷物を出して設営作業ができます。

つまり、ワゴンなんて持っていっても使わない可能性が高いということです。

必要なところってどんなところ?

じゃあなんで筆者は所持しているかというと、私は今年の夏に山梨県の水明荘というキャンプ場に行ってきました。

この水明荘さんは駐車場からキャンプサイトまで500mあります。

手押し車のレンタルはあるのですが、私の場合キャンプサイトで釣りもする予定でしてので、荷物が多い。そこで役に立ったのがアウトドアワゴンでした。

このような駐車場からキャンプサイトまで遠いような場所ならあると便利でしょうが、水明荘さんのように手押し車をレンタルできる可能性は高いでしょう。

キャンプ道具の車の積み込みで役に立つ?

当たり前の話ですが、出発の前にキャンプ道具を車に積み込む必要があります。

マイホームの方でしたら庭の物置にキャンプ道具を保管しているという方が多いんでないかと思います。なので、車への積み込みは楽ちんだと思います。

アパートに住んでいてキャンプ道具を室内に保管しており、車へ積む際に移動が大変という方は持っていると便利かもしれません。

ワゴンがあれば一度に大量の道具を移動できるので今まで何往復もしていた積み込み作業が1往復で済む可能性があります。

そんな私もアパート住みなんですけど、私の住んでいるアパートは比較的駐車場が近いのでワゴンを使ったことはありません。

コールマンのワゴンはテーブルとして使える

コールマン アウトドアワゴンには別売り商品でワゴンをテーブルとして使えるアイテムがあります。

このテーブルは最近購入して試しに取り付けてみただけなんですが、テーブル以外にもテントサイトに道具を保管する道具入れとして便利なんじゃないかと思いました。

他にも雨キャンプの際に道具を雨から守る雨除けの役割も果たしてくれそうです。

まとめ

個人的には買っちゃったから使うしかないかぁ。というレベルです。

ファミリーなどでキャンプをする際は子供を乗せたりすると楽しめるかもしれません。

コールマン アウトドアワゴンの耐荷重は100キロですので、大人一人乗ることも可能です。

ちなみに私は結婚していますが、子供はいません。

将来子供ができればもっと活用できるかもと思いました。