鯉釣り 吸い込み釣り 袋仕掛けの弱点は?

私は鯉釣りをする場合、袋仕掛けを使うことが多いです。

袋仕掛けは丸く固めたダンゴを3~4本の色に包む仕掛けです。↓

写真だとPVAバッグという水溶性の袋に包んで耐久性を上げていますが、

本来PVAバッグは使わずにダンゴをそのまま3本の糸に包みます。

私が袋仕掛けを使う理由は

  • ダンゴが空中分解しにくい。

その一点だけです。

その袋仕掛けは空中分解しにくくて、遠投しやすいというメリットがあるんですけど、

糸が絡みやすいというデメリットもあります。

袋仕掛けのデメリットは他にもある

そしてこの間、実験してみて確信した最大の弱点。

私はその弱点をずっと前から疑っていたんですけど、実証せずにいました。

その弱点とは、流れのある川では、仕掛けからダンゴが外れて流れていってしまうんじゃないか?という点です。

どうしても気になったので、水中カメラをオモリの代わりにつけて、ダンゴのばらける様子をチェックしてみることにしました。

水底でのダンゴの理想的な状態は

以前の記事の使いまわし画像で恐縮ですが、

ダンゴがばらけたあとは↓のようにエサが山のようになっているのが理想。

この画像がとある池で撮ったときの画像です。

キャスト距離は30メートルほど、水深は5メートルぐらいだと思います。

流れのある川ではどうなるか?

実験した川は、水面で秒速1メートルほど、水深は70cmぐらいでした。

実際に袋仕掛けをキャストしてみた

オモリが水底についてから20秒後。↓

水の勢いでダンゴが水中を泳いでいる。

1分ほどこの状態を耐えて・・・。

ダンゴが外れる。↓

 

PVAバッグの残りがくっついたまま泳いでいる・・・。↓

 

5分後の状態。↓

食わせのコーンがさみしく残っているだけ・・・。

まとめ

食わせが残っている以上、コイがかかる確率はありますが、

流れのある川では袋仕掛け使わないほうがいい、

袋仕掛けを使いたいなら針に食わせエサ(コーン)などを必ずつける。

ということで、自分の中では落ち着きました。