日産 エクストレイルT32 オルタネーターの故障。

3カ月前に購入した中古エクストレイル前期型。

5年落ち 走行距離56000キロ。

フロントから謎の異音が・・・?

二週間ぐらい前からエクストレイルのフロントから異音がしてきました。

特にアクセルを踏んだ加速時に異音が大きくなります。

文字で表現すると「ウゥゥゥゥゥゥー」と猫が唸るような感じ。

 

アクセルペダルと連動して音が大きくなるので、車に疎い私は安直にエンジンかトランスミッション(CVT)を疑いました。

とりあえずディーラーに予約して見てもらうことにしました。

ディーラーでドリンクを貰い20分ほど待っていると、イケメンな整備士さんが登場。

原因を聞いてみると、オルタネーターと呼ばれる部分から異音が出ており、交換を勧められました。

オルタネーターとは?

オルタネーターとはエンジンの動力を利用して、電気を生み出す装置です。

見積もりを見てみると、工賃約1万円の部品代13万・・・・。

購入した中古車ショップで2年保証に入っていたので無料で直してもらえるはず・・・。

とりあえず見積書を中古車屋にFAXして電話待ちとなりました。

その後、保証を効いたのでディーラーで修理してもらい無事直りました。

まとめ

オルタネーターの寿命は車の乗り方で変わってくるそうで、

整備士さん曰く常にエアコン使う人やアイドリングが多い人は、走行距離関係なしにオルタネーターの寿命が短くなる可能性があるそうです。

最近の車では10万キロ走っても問題がない場合が多いみたいです。

中古車を購入するときに2年保証に入っていて本当に良かったです。