不要になったハードディスクをそのまま処分するのは危険。

読み込みが遅くなり必要なくなったHDD(ハードディスクドライブ)を処分することにしました。

そのHDDにはほかの人に見られたくないファイル、個人情報などのデータが入っていました。

HDDはフォーマット(初期化)してもHDD内にはデータが残っていて専用ソフトを使うと復元できるといわれています。

適当に処分して悪用されたらと想像すると夜も眠れなくなります。

例えばそのまま不燃ごみとして出して、悪い人に拾われたら自分の個人情報(写真など)や自分の性癖などを拡散されてしまう可能性がある。

なので、最強の処分方法=物理破壊してみることにしました。

ハードディスクを物理破壊する方法

ハードディスクの内部には記憶してある部分=プラッタという円盤状の部品がはいっています。

そのプラッタを破壊してしまえば安心です。

そのためにはハードディスクを分解するわけですが、使われているネジはトルクスネジと呼ばれる星形穴のネジが使われてることが多いです。

その場合トルクスドライバーが必要となります。

今回分解するHDDにはT6サイズのトルクスネジが使われていました。

3.5インチにはT8サイズのトルクスネジが使われることが多いようです。

計6か所のネジを外して内部を開く。

 

これがプラッタと呼ばれるもの。こいつを破壊すればもう安心です。

金属に見えますがガラス製です。

プラッタを割ると破片が散らばる危険あり!

気をつけてほしいのは2.5インチなどの小型HDDにはセラミックやガラス製のプラッタが使われている場合があるので、割った瞬間に破片が散らばる可能性があります。

なので、ビニール袋の中で割るなど、破片が飛び散らないように対策をしましょう。

 

これで個人情報が洩れる心配はなくなりますね。夜も安心して眠れそうです。