管釣りフライ インジケーターはどんなものがいいのか?

管理釣り場で他のお客さんを見ると使っているインジケーター(マーカー)は千差万別です。

人によって使っているインジケーターが違うということはどの種類にも一長一短あるってことだと思います。

つまり、インジケーターの完成形は存在しない。

以前とある管理釣り場のオーナーさんとインジケーターのお話をしましたがそのオーナーさんは自作していると言っていました。

Googleでインジケーターについて調べていると自作している方も多いようですね。

 

そんな私も色んなインジケーターを使っては失敗しました。↓

 

個人的にインジケーターで重要と思うこと。

  • 見やすい。
  • ライントラブル少ない。
  • 再利用可能。
  • 適度な浮力。
  • タナを変えるのが容易。
  • ずれにくい。
  • 簡単に外せる。
  • ティペットが傷つきにくい。

これらすべての条件に当てはまるマーカーって少ないと思います。

TMCループインジケーター

私がよく使っているインジケーターはこちら。↓

このタイプは後付け可能でいつでもタナを変えられるが利点となりますが・・・

  • ずれることがある。
  • 接続部(ヒモ)の劣化が早い。

などの弱点があります。

ストローインジケーター

ストロー型インジケーターは視認性がよく遠投してもみえやすい。

弱点は取り付けが面倒なところですな。

 

キャストの負荷でズレてしまうときはフライ側のゴムを二重にすると良いと思います。

 

追記・・・ただの玉ウキを使ってみた

初心に戻ってただの玉ウキをマーカーとして使ってみました。↓

ナカジマ蛍光玉3号~5号

フライの重さに応じて3種類購入してみました。

 

使い方はティペットにゴム管を通してウキを付けるだけ。(笑)↓

 

実際に使ってみると反応も良く。使いやすい。↓

14番フックに巻いたニンフフライには3号のウキが丁度よかったです。

ショットを噛ませる場合などは4号~5号が良さげです。

 

ずれにくく、タナも変えやすいです。

10m以内の近距離でしたらこのような玉ウキでも問題なさそうです。

キャスティングの負荷にどのくらい耐えられるかは不明。

仮に壊れるとしたら足(ゴムをつける部分)からぽっきり折れると思います。

追記・・・FFラボ ウキウキマーカー

Amazonで使いやすそうなものを見つけました。

大・中・小の3つのサイズ(各2個入り)。色の指定不可。(赤・ピンク・緑・橙・黄)
大は、自立します。
中は、0.3g、小は、0.2gのオモリで自立し、抜群の感度を発揮します。
ティペットの好みの位置に簡単装着。
小さなアタリも見逃しません。

出典:ウキウキマーカー(15g) – FFラボ

仕組み的にTMCループインジケーターと似てるんですが、こちらのほうが外しやすく、ずれにくそうです。値段が少し高いのが弱点ですかね。

感度抜群ウキウキマーカー

気になったので買ってみました(笑)

 

実際に使ってみると予想通りずれにくくとても見やすい。

現時点ではこの”ウキウキマーカー”が一番使いやすいですな。

まとめ

粘土タイプ、シールタイプなど使ったことのないタイプもあります。

川などでルースニングを経験するとまた変わってくるかもしれません。

 

フライ釣り マーカー(ルースニング)で釣れないときはどうする?
フライフィッシング楽しいです。 フライで狙うのはトラウト(主にニジマス)なんですが、魚の活性が下がってる時はドライフライ(浮く毛ばり)に反応しにくくなります。 そんなときは池の中層から低層にいる魚を狙うために、毛ばりを沈める釣りをするこ...
フライ シングルハンド ロールキャストで20メートル飛ばす方法。
こんにちは。 私は独学でフライをするなんちゃってフライマンなんですが、 最近はロールキャストの練習にはまっています。 ロールキャストとは? ロールキャストというのはフライキャスティングの一つです。 フライフィッシングといえばロッド...