管釣りフライ マーカーフィッシングで釣果UPするには?

今年から管理釣り場でフライばかりしています。

 

フライで狙うのはトラウト(主にニジマス)なんですが、水温が低くなると魚の活性が下がりドライフライ(浮く毛ばり)に反応しにくくなります。

そんなときは池の中層から低層にいる魚を狙うために、毛ばりを沈める釣りをすることになります。

仕掛けにはマーカー(インジケーター)と呼ばれるウキを使い、そのウキに反応があったら即座にフッキング。

要するに毛ばりでのウキ釣り。専門用語でルースニングというそうです。(最近知りました笑)

恥ずかしながら私は管釣り以外のフライ経験はほとんどありません。

 

毛ばりを使ったウキ釣りと聞くと簡単そうなイメージなんですけど、やってみると意外と難しく奥が深いのです。

魚影の濃い釣り場や高活性時は、適当な仕掛けでも簡単に釣れちゃいますが、真冬の活性の下がる時期、魚影の薄い釣り場では、シビアな仕掛け作りが求められます。

マーカーフィッシングが難しい理由

ドライフライは表層だけなので2次元の釣りです。

毛ばりを沈めると縦が加わり3次元の釣りとなるので、個人的にドライフライよりも難しいと思っています。

真冬の管理釣り場での出来事

何年も前に真冬の管理釣り場を訪れたときのことです。

その釣り場には私の他にフライをしている年配の男性が一人いました。

年配の男性をチラっと見るとマーカーが見えたので私と同じマーカー釣りをしていることがわかりました。

でも釣果が大違い、私は全く釣れないのに年配の男性はバンバン釣っているのです。

真冬の寒い中マーカーにほとんど反応は無く、結局私は一匹も釣れずに帰りました(笑)

何が悪かったのか?どうすればいいのか

当時の私は家に帰って何が悪かったのか分析すると、

  • タナが悪かった。
  • 使った毛ばりが悪かった。

と安易に考えました。

 

しかし今思うと他にも

  • 糸の太さ
  • 糸の状態
  • マーカー(インジケーター)の浮力

も重要なことが分かりました。

具体的には

  • 糸(ティペット)は可能な限り細いほうがいい。
  • ティペットは新品のような直線状態のものがいい。
  • マーカーは沈まないぎりぎりぐらいの浮力がいい。

そうすることでマーカーの反応を最大に引き出すことができるんでないかと思いました。

トラウトの習性

水質がクリアな釣り場だとよくわかるのですが、マス系の魚は毛ばりに食いついて少しでも違和感があるとすぐに吐き出してどこかへ行ってしまいます。

これはフナのウキ釣りやブラックバスのライトリグよりもシビアなイメージです。

つまり魚が毛ばりに食いついてるのにマーカーには全く反応しない場合があるということです。

 

私は魚でないので想像するしかないのですが、その違和感とは何なのか分析してみました。

違和感とは何か?

まず毛ばりに食いついた後のことを想像してみました。

毛ばりに食いついたということはトラウトは毛ばりをエサか何かと認識していたということ。

問題は食いついた後です。

なぜトラウトは毛ばりを吐き出したか です。

吐き出したということは毛ばりをエサではないと認識したということになります。

可能性として挙げられるのは。↓

  • 毛ばりに違和感があった。
  • 糸の抵抗に違和感があった。
  • マーカーの抵抗に違和感があった。

これらの抵抗を少なくすることがマーカー釣りでの釣果を上げる要因でないかと思いました。

まとめ

正直申し上げますと、私自身どんな仕掛け、毛ばりを使えばいいのか結論はでておりません。

特に悩んでいるのがインジケーター選びです。

色んなタイプを試しましたが、どのタイプにも一長一短あります。

現在使っているのは、こいつ。↓

このマーカーは後付けタイプでいつでもタナをかえることができる。

弱点はライントラブルが多いところですかね。

 

浮力が高すぎると感じる場合は二つに割って使っています。↓

 

マーカーフィッシングで当たりがこないという場合は

  • タナを変えてみる。
  • ティペットを細くする(私は6Xか7X。ポンド換算すると2.5lbを使っています。)
  • ティペットの状態をチェックする(ライントラブルなどでグニャグニャになっているとマーカーの反応が悪くなる)
  • マーカーの浮力をチェックする(沈まないギリギリの浮力が理想)

を疑ってみるといいと思います。