最新の4KドラレコVIOFO A139Pro 3CHをエクストレイルT32に取り付け&レビュー

こんにちは。かずです。

数ヶ月前に中国メーカーのドラレコ。VANTRUE S2 3CHの記事を書いたのですが、Amazonを含め公式も品切れ状態になっています。

そんな中あるドラレコメーカーから案件のお問い合わせがありました。VIOFOという中国メーカーです。

調べてみると中国大手ドラレコメーカーで特に画質に拘った製品を作っているとのこと。

欧米でベストランキングの上位を取っているメーカーなんだそうです。

A139 Pro 2CH 詳細 - 【公式】VIOFO JAPAN
A139 Pro 2CH VIOFO究極バージョンSONY STAEVIS 2 センサー sony STAR

今回提供していただいたA139 Pro 3CH

  • フロントカメラ2160p4K(車内、リアカメラは1080pフルHD)
  • フロント、車内、リアの3カメラ(3CH)

のメーカー最高モデルです。

 

フロントカメラに業界初のSONY STARVIS2というイメージセンサー搭載。ナンバー認識精度はもちろんですが、夜間も圧倒的な画質で撮れる最新のドラレコです。

 

せっかくなので自分で購入したVANTRUE S2 3CH(フロントカメラ1440p2K)と比較してみようと思います。

取り付ける前に思ったのは車内カメラが独立している。なので、本体にフロントカメラと車内カメラがついているVANTRUE S2 3CHよりも取り付け箇所の自由度が高く視界の邪魔にならなそうです。

出典:A139 Pro 2CH 詳細 – 【公式】VIOFO JAPAN

A139 ProのメリットデメリットをchatGPTに聞いてみた

VIOFO A139 Proは高性能のドライブレコーダーであり、いくつかの利点と欠点があります。

良いところ:

  1. 高画質の録画:VIOFO A139 Proは、最大2K解像度で録画できます。昼間は鮮明で明るい映像を、夜間は暗い場所でもノイズを抑えた鮮明な映像を録画できます。
  2. GPS機能:GPS機能を備えており、位置情報と速度情報を録画することができます。
  3. 駐車監視機能:駐車中にも常時録画し、衝撃を感知した場合には自動的に録画を開始することができます。
  4. Wi-Fi接続:Wi-Fi接続により、スマートフォンやタブレットと接続することで、録画映像の再生や設定変更ができます。

悪いところ:

  1. 取り付けに若干の手間がかかる:専門知識がないと取り付けに若干の手間がかかる場合があります。
  2. 操作に慣れが必要:機能が多いため、最初は操作に慣れるまで時間がかかる場合があります。
  3. 価格が高い:VIOFO A139 Proは、他のドライブレコーダーよりも価格が高い場合があります。

出典:chatGPT

駐車監視機能はオプションの駐車監視ケーブルが必要。ヒューズ関連の専門的な知識もいるようです。

最大2Kとありますが、正確にはフロントカメラ→4K 車内リアカメラ→フルHDです。

内容物

  • 本体
  • 説明書
  • 本体用タイプCケーブル(3.5m)
  • USBカーチャージャー
  • GPSユニット
  • カードリーダー
  • 偏光フィルター
  • 内張りはがし
  • フロントガラス用両面テープ×2
  • フロントマウント+3Ⅿ両面テープ

 

  • リアカメラ
  • 車内カメラ
  • リアカメラケーブル(6m)
  • 車内カメラケーブル(1m)

別売りオプション

  • Bluetoothリモコン
  • 駐車監視ケーブル
  • 外部マイク

公式HPからファームウェアとマニュアルをダウンロードできる。

A139 Pro product support - 【公式】VIOFO JAPAN
A139 Pro 製品サポート マニュアル ファームウェア 動画 よくある質問 マニュアル ここでマニュアルを

パッケージ内に入っていた説明書は右ハンドル仕様でしたが、公式からダウンロードしたマニュアルは左ハンドル仕様になっている。

本体

出典:出典:A139 Pro 2CH 詳細 – 【公式】VIOFO JAPAN

 

シンプルな本体。モニターレスなのでWi-Fiでスマホアプリを使う前提となっている。

レンズ部分は上下回転できます。

 

音声とLEDで知らせてくれる。音声はアプリ内で音量を大中小orOFFに変更できる。

 

リアカメラと車内カメラ

左:リアカメラ 右:車内カメラ

レンズを上下に回転できる。

左右非対称ですが、アプリの設定から反転可能。どちらの向きにつけても大丈夫そうです。

推奨SDカード

•microSDカードを初めて使用するときは、FAT32形式でフォーマットする必要があります。
他のフォーマットはサポートされていません。
•容量の大きいmicroSDカードが必要な場合は別途お買い求めください。本機には
UHS-U1 / U3以上のmicroSD(最大256GBまで対応)カードの使用をおすすめします。
•高い耐久性と信頼性を誇るトップMLC NANDフラッシュメモリを採用した、VIOFOブラン ド
のmicroSDカードの使用をおすすめします。
•microSDカードは定期的にフォーマットを行ってください。 重要なファイルはフォーマットの前
に必ずバックアップしてください。

出典:公式マニュアルより

 

スマホアプリの使い方

専用のアプリをダウンロード。

android

VIOFO - Google Play のアプリ
VIOFOカーダッシュカメラAPP

iPhone

‎VIOFO
‎--- Key Features --- + Start and stop recording, + Live Preview, + Video Download and Play + Adjust settings --- Camera Compatibility --- VIOFO A229 Duo VIO...

 

初期パスワードは12345678です。

本体のWi-Fiボタンを長押しするとWi-Fi接続できるようになります。

出典:VIOFO:A139 Proマニュアル

システム設定

アプリのバージョンは3.4です。

エクストレイルT32に取り付け

エクストレイルT32の詳しい取り付け記事は↓へ

エクストレイルT32 ドラレコ取り付け リアカメラの配線など
一カ月ほど前に中古で購入したエクストレイルT32前期型。↓ ドライブレコーダーがついてなかったので取り付けを考えていました。 そこで迷ったのが・・・ カーショップで取り付けてもらう。 自分で取り付ける。 のどちらか...

本体の取り付け

ぼくの車にはすでにVANTRUE S2がついているのでバックミラー左下に取り付けました。(説明書で推奨されている位置) 

 

本体は

  • 右にずらしてGPSユニットから外す
  • 右側にmicroSD差し込み口がある

ので本体右にスペースがあったほうが良いです。

仮に他のドラレコがついていなかったら運転席側ミラー裏に取り付けていたと思います。

車内カメラの取り付け

車内カメラのケーブルの長さは1m。本体の位置にもよるが、余りそうな印象です。

説明書にはバックミラー上付近を推奨している。

説明書通りバックミラー上付近に取り付けました。

リアカメラの取り付け

ケーブルは6m。この端子の規格はなんだろう。初めて見ました。タイプCなどと違い正方形で小さいので配線作業が楽そうです。(超薄型同軸ケーブルandミニチュアコネクターというそうです)

出典:A139 Pro 詳細 – 【公式】VIOFO JAPAN

 

見ての通り端子は小さいのでリアゲートの蛇腹の中に通しやかったです。

画質をチェック(VANTRUE S2と比較)

フロントカメラ4K vs 2Kなのでちょっとフェアではありませんが、比較してみたいと思います。

  • VIOFO A139 Pro(付属の偏光フィルターは取り付けてあります)
  • VANTRUE S2

両方とも露出はデフォルト設定です。(A139 ProのHDRは夜間オンにしてあります)

画質設定は。↓

A139 Pro

  • フロント 2160P(4K)       
  • 車内   1080P (フルHD) 
  • リア   1080P (フルHD)

S2

  • フロント 1440P(2K)    
  • 車内   1080P (フルHD) 
  • リア   1080P (フルHD)

露出デフォルト状態だとS2に対してA139 Proは暗めの設定になっています。

フロントカメラの比較

 

A139 Pro

S2

A139 Pro↓  

S2↓

やはり4KだけあってA139 Proのナンバー認識精度が高いですね。

 

A139 Pro

S2

 

夜間

A139 Pro

S2

S2は照明が白飛びしてるような印象です。

リアカメラの比較

A139 Pro

S2

 

リアカメラ(夜間)

A139 Pro

S2

車内カメラの比較

A139 Pro

S2 

 

車内カメラ 夜間

A139 Pro

S2

ファイルの大きさ

フロントカメラ。↓

車内カメラ。↓

リアカメラ。↓

通常のビットレートは64kbpsです。

 

初期設定。

  • フロント 3840 * 2160P 24fps
  • 車内   1920 * 1080P 24fps
  • リア   1920 * 1080P 24fps
  • ビットレート:通常

10分のループ動画は3カメラ全て合わせて約3.3GBでした。

1時間で20GB前後のファイル容量となります。

VIOFO公式ツイッターをフォローすると保障が半年延長

ツイッターでVIOFO公式アカウントをフォローすると保障期間が6ヶ月延長となります。

まとめ

今回、VIOFO A139 Pro 3CHの記事でした!

個人的に画質以外で良かったのは

  • 車内カメラは独立式なので取り付け位置の幅が広い(色んな車種に適応しやすそうで、視界の邪魔になりにくい)
  • リアカメラケーブルの接続端子が小さいので配線作業が楽(特に自分で取り付ける際に重要で色んな車種に適応しやすい)
  • ボタン一つ長押しでWi-Fiモード。手軽にスマホとリンクすることができる(VANTRUE S2はタッチパネルを操作する必要ある)

ですね。

VIOFO A139Proは・・・。↓

  • 取り付け箇所に悩みたくない。
  • 4K最高クラスのナンバー認識精度で証拠を残したい。
  • 夜間も綺麗に撮影andナンバー認識精度で撮りたい。

そんな人におすすめなドラレコです!