ワークマンのレインウェアは色んなモデルがある 釣りはどれが良いの?

こんにちは。かずです。

梅雨になりましたね。

私は雨の釣りが結構好きです。

低プレッシャーで釣れやすいですからな。

 

今回はワークマンのレインウェアのお話をしたいと思います。

まずはレインウェアの性能について。↓

出典:レインウェア・雨対策特集|ワークマン公式オンラインストア

超簡単にいうと。↓

  • 耐水圧・・・数値が高いほど防水性が高い。
  • 透湿度・・・数値が高いほど蒸れにくい。

公式によると、耐水圧はJISが定めた測定方法で数値化しているとありますが、透湿度の測定方法は記載されていません。つまり、透湿度の数値は信憑性に欠けるといえますな。

 

私が所持しているワークマンのレインウェアは現在3つ。

  • レインスーツ STRETCH PERFECT(耐水圧10000  透湿度8000)
  • イナレム ストレッチレインスーツ(耐水圧20000  透湿度25000)
  • 3レイヤーストレッチ透湿レインスーツ(耐水圧20000  透湿度3000)
ワークマン新作 レインスーツ"イナレム"レビュー
ワークマンの新作 ”イナレムストレッチレインスーツ” 「イナレム」というワークマンが独自に開発したムレナイ新素材を使用しているらしい。 一番の特徴は耐水圧20,000mm、透湿度25,000g/m2/24h。 これは以前からあった...

 

数値だけ見ると”イナレム ストレッチレインスーツ”が断トツなんですが、”3レイヤーストレッチ透湿レインスーツ”も侮れません。↓

出典:R1300 3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ | ワークマン公式オンラインストア

3レイヤーストレッチ透湿レインスーツのメリットデメリット

3レイヤーストレッチ透湿レインスーツはよりハードな使い方を想定している印象のモデル。

ワークマン公式レビューでもバイク、自転車、農作業、土木作業で使用しているとのコメントがあります。

 

素人の主観となりますが、イナレム~と比較して表地がしっかりしている印象です。↓

ワークマンのレインスーツは5000円以下で購入できるので消耗品と割り切る人も多いかと思いますが、やはり耐久性は重要なんですな。

ただイナレムと比較して生地が厚いので重量がありストレッチ性も低いです。

 

3レイヤー(層)と呼ばれる構造は真ん中に挟まれている素材に透湿防水機能があると言われています。表地がびしょびしょになっても裏地に水が染みこまないのはこの中間素材のおかげなんですな。

出典:R1300 3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ | ワークマン公式オンラインストア

 

これは高価なゴアテックスの3レイヤーレインウェアでも同様で、真ん中に挟まれている素材が高い耐水圧、透湿性を誇るゴアテックスメンブレン(膜)らしいのです。

つまり、どんな高価なレインウェアでも表地の撥水性が下がりびしょびしょになると、裏地に水は染みこまないが、透湿性は低下するってことだと思います。

表生地の撥水性がとても大切で、ゴアテックス(R)ファブリクスは表生地に撥水加工を施しています。撥水性が大事である理由は大きく3つ。

1つ目は透湿性のため。表面が濡れてしまうとその分水蒸気の通り道が少なくなって、透湿性が下がってしまうから。
2つ目は重さ。濡れたウェアって重いですよね。表地が水を吸って重くなるのを防ぐためには撥水加工が必要です。
3つ目は冷えを防ぐため。水は熱伝導率が高いので、表地が濡れてしまうと体温を奪ってしまう原因にもなります。

出典:「ゴアテックスなら大丈夫」は本当?実際のところを日本ゴア社で聞いてきた | 【YAMA HACK】日本最大級の登山マガジン – ヤマハック

 

3レイヤーストレッチ透湿レインスーツの難点と言われる透湿度。3000g/㎡/24hと低いです。

3000g/㎡/24h生地1㎡あたり24時間で3000gの蒸気を外に出す能力がある・・・。

軽い運動で1時間500g 激しい運動で1000gの発汗量(目安)となるらしい。

 

数値化されると、ついその数値に目がいきがちですな。

でも冷静に考えると・・・・釣りって激しい運動しなくね?

釣りで運動に該当しそうなのは渓流の沢登りやランガンスタイルなどかと思います。

中には雨の日に長時間ぶっ続けルアーを投げられる人もいるかもしれませんが、私は続きませんな。

 

透湿度4000g/㎡/24hのリトルプレゼンツウェーディングジャケット。↓

リトルプレゼンツ ウェーディングジャケットJK-23 レビュー
ウェーディングジャケットをはじめて買ってみました。 ウェーディングジャケットとはウェーダー専用のジャケットのことです。 ウェーダー時、ワークマンのイージスリフレクトを着ていたのですが、背中にⅮカンがないんですね。 つまり、背中にネ...

主に湖のウェーディングで使用しておりますが、蒸れて不快に感じることは少ないです。

 

雨が降ってるってことは日差しが出てないことがほとんどですし、蒸れたら雨宿りをしてファスナーを開け蒸気を逃がすという手段もあります。

気温、運動量、釣行時間にもよりますが、そこまで透湿度を気にする必要はない・・・というのが使ってみた感想です。

汗のかきやすさは個人差がありますのであくまでも主観になりますがな。

私はゴアテックスと表記された高性能レインウェアを使用したことがないので比較できないのですな。申し訳ありません。

 

フロントファスナーとスナップボタン両方ついているのもポイント高い。(イナレムはファスナーのみ)。↓

 

まとめ

今回、釣り時のワークマンレインウェアの解説をしました。

イナレム ストレッチレインスーツは透湿度が高いので蒸れにくいといわれています。つまり、雨以外でも快適に釣りができそうです。↓

  • 土砂降りの日→3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ
  • 曇り時々雨の日→イナレム ストレッチレインスーツ

など、使い分けるのも良いのかなと思いました。

 

重要事項・・・ワークマンのレインウェアは表記に比べて細身に作られている印象です。

特に腕周りがタイトな感じ。腕をよく動かす釣りでは致命的ですな。

私は身長177体重60前後です。

店舗でLサイズを着てみたことがありますが、腕を上げた時に脇がピチピチになりました。

なのでLLサイズにしています。

購入する際は店舗で試着→腕をぐるぐる回してタイトに感じないか確認したほうが良いです。