エリアトラウトの縦釣りは卑怯なのか。

近頃のエリアトラウトでは縦釣りという方法が増えているようです。

縦釣りとは小さなコインのような形状の専用ルアーを縦に動かす釣り方です。

 

横引きのルアーと比べて簡単に釣れるので縦釣りルアーは賛否両論。

個人的に、フライのマーカーフィッシングやバス釣りでワームを経験している私にとって縦(フォールなど)で魚を誘うというのは戦略的に普通のことだと思っています。

縦釣りルアーのメリット・デメリット

普通のスプーンにもリフト&フォールというテクニックがありますが、縦釣りルアーは名前の通り縦の動作に特化しています。

メリット

  • フッキング率が高い。
  • 水中のルアーの動きをイメージしやすい。
  • 根がかりしにくい。

デメリット

  • 軽いタイプは遠投しにくい。
  • フロントフックなのでスレがかりが多い。
  • 禁止している管理釣り場がある。
  • 応用性が低い(管理釣り場に特化している)

 

縦釣りルアーの一番の特徴はフロントフックにあると思います。↓

普通のスプーンはリア側にフックがついていますが、縦釣りルアーはフロントフックです。

本体には窪みがありフックが立ちやすいようになっています。

このような構造にすることでフッキング率が良くなる。

さらにフックが上向きの状態で沈下していくので、根がかりもしにくい。

 

 

管理釣り場で100匹釣った!なんて情報もあったりする縦釣りルアー。

普通のスプーンと比較してよく釣れるので、管理釣り場によっては縦釣り系ルアーが禁止となっているところもあるようです。

ネットで情報収集すると縦釣り反対派、賛成派に分かれているなんてことも聞きます。

縦釣りは卑怯なのか?

釣れるルアー=合理的で効率重視のルアーということです。

このような問題はいろいろなパターンを想像してみるのが重要と思います。

例えば、

  • めちゃくちゃ釣りが上手い人が縦釣りルアーを使わずに一日100匹釣ってた。
  • 縦釣りルアーを使っても一匹も釣れなかった初心者がいた。

など

釣られた魚というのはどんなに丁寧にリリースしたとしても釣られる前と比較すると弱ります。

 

実はいうと私も釣果に拘っていた時期があります。

今では数釣りというのは疲れるのでやらなくなりました。管理釣り場に行くときは色んなパターンを実験してみて釣れるなら他の釣り方を試してみよう。など実験を兼ねることが多いです。もしくは大物狙いですね。

 

今後エリアトラウトでは縦釣りが主流になってくるんじゃないかと思っています。

商業的=釣り業界的にも釣り人口を増やしたほうが良いでしょうし。

このような誰でも簡単に釣れるルアーは釣りを始めるハードルを下げることができるでしょう。

管理釣り場に飽きたという人はよりネイティブな環境で釣りをすると良いと思います。

 

まとめ

私はもっと釣りが上手くなりたいと思っています。

上手くなるには食わず嫌いせず、色んな釣り方、釣り場、魚種を経験することが一番だと思っていますので、このような新しいルアーが出たらとりあえず使ってみて最終的にどうなのか判断するようにしています。

 

縦釣りルアーは理論的に正しく釣果に特化した強力ルアーと言えます。

どのような経緯でこのようなルアーが生まれたのかは定かではありませんが、今後縦釣りを超えるエリアトラウトルアーは当分出てこないんじゃないかと思いました。

大物を狙えるようなルアーではないので、どうしても魚が釣れないとき用の最終兵器としてタックルに潜めておくことにします。