コールマン エクスカーションティピーをフライシートのみで設営できるか実験してみた。

お気に入りのマイテント

コールマン エクスカーションティピーを、

インナーテントなしのフライシートのみで設営できるか実験してみました。↓

私は、本格的にキャンプ道具を揃えて1年程度の素人キャンパーなんですけど、

初めて購入したテントがコールマン エクスカーションティピー325でした。

このテントを購入した理由は、

  • 見た目がいい。
  • 設営しやすそう。
  • ソロでも家族(妻)でも使えそう。
  • 今後子供が出来たら家族3人でも使えそう。

と将来を想像して購入しました。

コールマンエクスカーションティピーの弱点

以前からこのテントは、便利な前室があるのを引き換えに

  • インナーテントなしでの設営ができない

のが弱点とされていました。

 

問題となるのが前室を張るためのフロントポール、

このフロントポールの固定さえなんとかなればなんとかなりそう。

ネットで調べても情報がほとんどなかったので、

私がやってみるしかない!

そんな気持ちで実家の畑を使って実験してみることにしました。

 

用意するもの

  • テント本体
  • パラソルペグ(メインポールの固定に使います)
  • タオル(ポールのてっぺんに丸めてつけてフライシートを保護します)
  • ソリッドペグ(フライシートの固定に使います)
  • 付属のⅬ字ペグ(フロントポールの固定に使います)

設営方法

本来、インナーテント内、フロア中央部にあるホルダーにメインポールを立てて自立させるのですが、インナーテントなしですので、直接地面に立たせなければなりません。

そこで思いついたのはパラソルペグを使って自立させる方法です。↓

 

フライシート保護のためメインポールにタオルを巻く。↓

インナーテントの天井部と違いフライシートの天井部は厚手になっていないので、メインポールにダイレクトでかぶせるとフライシートが突き抜ける可能性があります。なのでタオルを巻いてフライシートの保護をします。

 

パラソルペグを地面に刺してメインポールを自立させます。

パラソルペグのネジを締めすぎると、メインポールが痛みそうなので注意しました。

 

こんな感じですね。

 

メインポールにフライシートをかぶせて丁度いい位置でペグダウンします。

 

そして一番の難所であるフロントポールの固定です。

本来、インナーテントに付いているエンドピンに差し込んで固定するのですが、インナーテントなしですので、他の方法で固定しなくてはなりません。

 

私が思いついたのが、付属のL字ペグを地面に斜めに刺して、折れ曲がっている部分にフロントポールを差し込む方法です。

 

エンドピンからエンドピンまでの距離は大体270cmとなってますのでそのぐらいの位置に二か所、写真のように斜めに刺します。

 

フロントポールを刺します。

 

フライシートの内側にある面ファスナーでフロントポールを固定します。

 

これで完成。

私の設営が下手だからですかね、天井から入口にかけてのテントのシワが気になります。

 

内側の写真です。↓

 

まとめ

手間はかかりましたがフライシートのみでの設営はできました。

Ⅼ字ペグを使ったフロントポールの固定には改善の余地があると思いました。

他に良い方法が見つかったらご報告します。

今回は実家の畑を使って試しに設営してみただけなので、今度キャンプで使用する機会があれば設営してみたいと思います。

追記 フロントポール固定の改善

実際に試したわけではありませんが、フロントポール固定の改善案。

使うものは。↓

  • スチールペグ20センチ
  • 細いL字ペグ
  • 二重リング

ペンチなどでL字ペグを曲げて・・・。↓

フロントポールが刺さる長さに切る。(4センチぐらい)

スチールペグの穴に取り付ける。

スチールペグなので地面にしっかり刺さり、より安定すると思います。

 

Ⅼ時ペグの加工が大変という方は・・・↓

ダイソーに売っている太いワイヤーで代替できるのでは・・・?と思いました。

実際に使ってないので、わかりませんが、こんな感じに曲げて使えそうです。↓

パラソルペグは汎用性高い。

今回使ったキャプテンスタッグ”パラソルペグ”は

  • ランタンスタンド
  • ソロでのタープ張り

などにも使える万能アイテムなので、一本持っておくと便利です。

私は釣りの竿立てにも使ったりしてます。