釣り場レポート 群馬県安中市”妙義湖(中木ダム)”

こんにちは。かずです。

今回は群馬県安中市の妙義湖(中木ダム)に行ってきました。

妙義湖|観光スポット|安中市

アクセス

最寄のインターチェンジ→上信越自動車道、松井田妙義IC

妙義湖管理事務所

レンタルボートは桟橋の老朽化のため終了したようです。

 

トイレ

管理事務所横にあります。

駐車場

駐車場はありません。

道路脇に駐めることになります。

駐められそうな場所を撮っておきました。

 

漁券、ルール

管轄は上州漁協。

ルアー、フライ、エサ釣りができる。

上州漁協はFISHPASSが使えます。(日釣り券のみ)

FISHPASS(フィッシュパス)
FISHPASS(フィッシュパス)は、あなたの川釣りライフを豊かにします。

妙義湖周辺は電波が悪いです(au)

FISHPASSを使うなら妙義湖に着く前ににスマホで決済するのがよさそうですね。

妙義湖で釣れると思われる魚は?

 

主観となりますが、マス系、ブラックバス、鯉、フナ、ブルーギルあたりですかね。

数年前、50UP近いブラックバスが釣れて脚光を浴びた印象の妙義湖。現在はどうでしょうね。レンタルボートが終了したのが痛そうですな。

上州漁協の放流情報では今年の4月頃にヤマメ、ニジマスを放流している。

 

仮にこの時期(9月)に釣りをするなら鯉釣り(ぶっこみ釣り)ですかね。

車からの岸へのアクセスも良いですし、良い鯉釣りスポットな感じです。

妙義湖(釣り場)の様子

妙義湖はダム湖のわりに岸釣りできる場所が多そうです。

堤体に近い岸は急激に落ち込んでる場所があります。転落しないように気を付けたほうがよさそうです。

堤体から離れた上流部はなだらかになります。さらに上流部は川から流された枝や葉っぱが大量に浮かんでいました。

アオサギっぽい鳥が水辺を偵察してました。これは魚がいる証拠ですかね。

60cmくらいある鯉が水面を泳いでたのを確認できた。

 

現地を散策していると左手付近に違和感が・・・ヤマビルが血を吸ってました(笑)

妙義周辺はニホンザルが多いからですかね。気持ち悪かったです。

 

写真は堤体側→上流部の順になっています。↓

 

 

Deeper(魚探)を投げてみた

水温は約25℃

駆け上がりには若干水草が生えています。

ある程度深くなると水草は減る印象。

 

deeper chirp+ ディーパーチャープ+を購入したので使用方法を解説。(レビュー)
最新のポータブル魚探 deeper chirp+を購入しました。↓ deeperとは deeper chirp+はdeeperシリーズ最新モデル deeper chirp+を購入した経緯 deeper...

まとめ

今回、釣り場レポート”妙義湖(中木ダム)”でした。

せっかく漁券を購入したのにルアーを数投しただけで諦めてしまいました。

この時期の大敵はヤマビルかもしれませんね。

もう少し涼しくなればヒルの活動が下がりそうですな。

 

妙義湖はルアー、フライ、エサ釣りなど色んな釣りが楽しめる。釣れる魚種も多そうです。

実際に湖を見た印象では、どの魚種でも一匹釣るには骨が折れるイメージです。

仮に鯉釣りをするなら丸一日は時間がほしいですね。

マス系を狙うならもう少し水温が下がってからか、放流日を狙うのがよさそうですな。