トラウトとバス(ライトリグ)のロッドを一本で完結できるか?

私は内陸に住んでいるのでルアーといえば、ブラックバスやトラウトです。

 

5年ぐらい前の話になりますが、

その2種の魚を一本のスピニングロッドで完結できないかなぁと

ルアーウェイトの範囲が広いロッドを探しました。

Amazonで調べた結果、適正ルアーウェイト0.8g-10gという私にぴったりなロッドを発見しました。

シマノ ルアーマチック70UL。(リールはダイワ レブロス2500)↓

仕様

  • 長さ:7feet(213cm)
  • 適合ルアーウエイト(g):0.8-10
  • 適合ライン:[PE/号]0.3-0.8、[ナイロン/lb]2-6
  • 釣種:汎用
  • 対象魚:ブラックバス トラウト メバル アジ
  • 自重(g):83
  • ロッドタイプ:スピニング

いわゆる万能ルアーロッドです。

写真ではPEラインですが、現在、リールにはナイロン4lbを巻いています。

ルアーマチック70ULの特徴

ルアーウエイトの幅が広い

ルアー適合ウェイト(重さ)が0.8グラム~10グラムまであるので、1グラムのスプーンから10グラムのプラグまで扱えます。

つまり、このロッド一本あればエリアトラウトで軽いスプーンを投げたり、バス釣りで10グラムまでのワームやプラグが扱える。

釣り友に聞いた話ですが、トラウトに使うスプーンというのは

  • 1グラムにつき10メートルの飛距離

が基本と言われています。

このロッドはトラウトロッドと比べると固いので軽いスプーンが飛ぶの?と思われるかもしれませんが、ロッドの長さでそれを補っていると考えています。

一般的なトラウトロッドの長さが6フィート(180センチ)に対してこのルアーマチック70ULは7フィート(213センチ)あります。

なので、ルアーマチック70ULで2グラムのスプーンを投げればラインの太さにもよるかと思いますが、実釣可能な飛距離を出せます。

ナイロン4lbだと若干太い印象ですが、十分トラウトとバス釣りで使うことが出来ます。

5年間使った感想

私はこのロッドを使って、ブラックバス、トラウト、ナマズなどの魚を釣り上げてきました。↓

(この約60センチのナマズはジグヘッドにカットテールをつけて釣りあげました。)

このロッドは適正ウェイトが10グラムまでなので、ラバージグやスピナーベイトなどの重いルアーを投げるのには適していません、

私自身、重いルアーを使わず、ライトリグばかりという理由もあるんですけどね。

先ほども申し上げましたように、トラウトロッドと比較すると固くあまり曲がらないかと思います。

以前トラウト管理釣り場のオーナーさんにこのロッドを見てもらったところ「固すぎる」と言われたことがあります。

確かにトラウトロッドのほうがよく曲がり、小さいトラウト相手でも楽しめるかと思いますが、そのためにロッドを一本増やすというのは個人的に納得できませんでした。

それにいざ大物のトラウトがかかった場合、当然ながら固くて長いロッドのほうが有利になります。

耐久性は?

5年間、結構適当に使っていますけど、今でも現役です。

ロッドが扱いで気をつけるべき点は、ロッドに合った適合ラインを使うということです。

使い方にもよりますが、しっかり適合ラインを使っていれば、根がかりした場合などロッドを強くしなってもロッドが折れる前にラインが切れるからです。

難点

  • グリップが短い

このロッドの難点は他のルアーロッドと比較してグリップ(取っ手の部分)が短い点ですね。

私は気になりませんが、Amazonのレビューなどを見ると短いのが残念という意見があります。

  • 見た目が安っぽい

実際安いので仕方ありませんね。(笑)

 

(5年前に釣った30センチぐらいのブラックバス)

まとめ

私は高級ロッドを購入して使ったことがないので、それらと比較することはできませんが、安いロッドでも魚を釣れるということを証明してくれた思い入れのあるロッド。

Amazonでは100以上レビュー数で4・0の評価になっています。

ワゴンリールとダイワ レブロス2500の違いは?(ルアー)
3カ月前にブラックバス トラウト用に新しいリール(ちょっと良いリール)を購入したので紹介します。 ダイワ レブロス2500。↓ なぜレブロス2500を購入したか。 私は大人になってからルアーフィッシングを再開して5年ほど経...