スマホを「フルアーマー化」して4年使ってみた結果

スマホ傷つけたくない病のかずです。

通称「iPhone裸族」というiPhoneを裸のまま使う方もいるようですが、私のようにフルアーマーで使う人はもっと珍しいんじゃないっすか。

スマホって常に持っておくアイテムなので体の一部みたいなものです。

私はインドアも好きですが、釣り、ハイキングなどのアウトドアも好きなわけです。

野外活動で不意に落下させるなんてことはよくあるんですね。

スマホに傷につけないと節約になる?

潔癖症というわけではないのですが、常に持っておくようなアイテムはなるべく綺麗にしておきたいと思ってます。

 

いつも車を綺麗にしている人は交通事故を起こしにくいと言われています。

窓ガラスやミラーの視界が良くなるという理由の他に、乗っているドライバーに精神的に良い影響を与えているんではないかと思います。

逆にほとんど洗車をしなかったり、メンテ不足でボロボロの車なら「傷ついてもいいや!」と運転が適当になるかもしれません(経験談)

スマホも同じように常に綺麗にしておけば、所有者に精神的に良い影響を与えて紛失や落下が減る可能性は高いですな。まぁ私のように極端になるのもアレですけど(笑)

 

私はauの格安プランpovoに入っています。

povoにプラン変更してからは端末を単体で購入する必要があるわけですね。

つまり、今使っている端末を長く使えば使うほど月あたりのスマホ料金が下がるといえますな。

バッテリー寿命や性能の問題もありますが、日頃から丁寧に扱っていれば4~5年使うことも可能ってことです。

私はiPhone Xを4年使っています。

性能的にはまだいけそうですし、バッテリー交換をすればあと1~2年使えると思っています。

アップルの創業者は裸推奨だった?

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズは裸(カバーなし)での使用を推奨していたと言われています。

私は今でも疑問なんですよ。裸推奨なら・・・なぜ傷つかないように設計しなかったのか。

バッテリーは劣化しますし、新モデルが出たらすぐに買い替えろってことですかね?私のようなパンピーには分からない事情があるんだと思います。

ジョブズがいない今、アップル公式でカバーが売られているようですな。

最新のiPhoneはより頑丈になったという話もあります。ガラスコーティング施工などもありますし昔よりも裸で使いやすくなったのかもしれませんね。

フルアーマー状態で4年使ったiPhone X

2017年12月から使い始めたiPhone X。

当時auで購入、去年格安プランのPovoに変更しました。

さすがにバッテリーの最大容量は78%と劣化しています。↓

購入してすぐにフルアーマー化

  • 背面保護フィルム
  • 表面ガラスフィルム
  • 米軍MIL規格ケース

この3つをつけています。

米軍MIL規格ケースは固いゴムのような素材なので落下の衝撃を吸収してくれるのですな。↓

強い素材なのでカバーが割れる可能性も低いです。新たなカバー出費も抑えられるわけです。

 

4年使った間、ガラスフィルムを割ってしまい張り直しています。

 

フルアーマー表面。↓

 

フルアーマー背面。↓

 

カバーを外した表面。↓

 

カバーを外した裏面。↓

 

ケーブル差し込み口付近。↓

背面フィルムに小さいキズがついている。

 

写真ではよく分かりませんがサイドに小さな傷があります。うーむちょっと悔しいなぁ。

たぶん、本体とケースの間に砂などが入って擦れたのでしょう。

まぁ4年間、釣りやハイキングに連れ添ってきたiPhoneと考えれば十分合格ですかね。

まとめ

格安プランが増えてきて移行している方も多いと思いますが、スマホの価格は年々上がってきていると言われています。

余計な出費を増やさないための手段「スマホのフルーマー化」でした。