鯉のぶっこみ釣り 底探りの重要性。

鯉のぶっこみ釣りでの底探りは重要な要素だと思っています。

私の場合、魚影の薄い山上湖などでは入念に底探りをするようにしています。

底探りの重要性は

障害物、水草の有無をチェックすることが重要

例えば水草が多い釣り場があったとして、水草の中にダンゴを沈めると、鯉がダンゴを発見できない、仮に鯉がかかっても水草が邪魔をしてやり取りが大変になる可能性があります。

ダンゴはどんな底に配置するのがいいか

一般的に

  • 水草の切れ目
  • かけあがり

がいいとされています。

上記の2点も重要なポイントだと思いますが、私が一番意識しているのは、鯉がかかったあとのやりとりで有利そうな場所を探すようにしています。

鯉釣りで底探りをする方法

オモリを使う

道糸にオモリをつけて投げるだけなので、簡単です。

オモリは何でもいいでしょうが、私は沈みやすい20号のナス型オモリを使用しています。

オモリが底に沈んだらリールをゆっくりと回して底をイメージするようにしています。

マーカーフロートを使う。

マーカーフロートとは底探りをしながら、水深をチェックできる道具です。

私はAmazonで購入した1500円程度のマーカーフロートを使っています。↓

オモリは二種類ついています。80グラム、120グラム

オモリの号数でいうと80グラムが約22号。

120グラムが約30号

 

このマーカーフロートは海外製で日本語の説明書が付属してないのが残念。

私はDAIWAさんのHPを参考に使い方を学びました。

図つきで説明がわかりやすいのでおすすめです。

魚探(deeper)を使う

もっとも確実に水底をチェックできるのは魚探(deeper)だと思います。

魚探なので、水底チェック以外に魚の有無もチェックできる。↓

現在deeperというおかっぱりからも使える魚探があります。

高額な商品なので購入を躊躇していましたが、去年に購入しました。

スマホとリンクして簡単に水底チェックできるので便利です。↓

deeper chirp+ ディーパーチャープ+を購入したので使用方法を解説。(レビュー)
最新のポータブル魚探 deeper chirp+を購入しました。↓ deeperとは deeper chirp+はdeeperシリーズ最新モデル deeper chirp+を購入した経緯 deeper...

 

まとめ

どの方法にも一長一短あると思います。

正直いうと、私もどんな水底に仕掛けをセットするといいのか未だによくわかっていません(笑)

直観で仕掛けを投げ込んでも鯉がかかる場合もありますが、入念に水底チェックしてポイントを決めたほうが狙って釣った感あると思います。

個人的に重視しているのは、鯉がかかった後、ドラグを駆使して円滑にネットインできるかどうかです。

水底の障害物、水草などに入り込まれて仕掛けを切る時のがっかり感は半端ないですからね。

四尾連湖 鯉釣りレポート
四尾連湖水明荘キャンプ場での鯉釣りの戦術をお伝えします。 四尾連湖水明荘のキャンプサイト(釣り場)は駐車場から500m離れた位置にあるので移動がちょっと大変です。 キャンプサイトに持って行った鯉釣り道具は 竿×2 竿立て×2...