いきなりステーキ ワイルドステーキを自宅で再現してみた。

この前行ってみた、いきなりステーキのランチメニュー”ワイルドステーキ300グラム”

を自宅で再現してみようと思い実行してみました。

 

再現してみた理由は、

どのくらいのコスト(お金)、どのくらいの手間がかかるか気になりました。

主な準備した食材

(若干レシピが違うと思います。ご容赦ください・・・)

ステーキ、ライスの食材

  • オーストラリア産牛肩ロース300グラム
  • 缶詰のコーン
  • ライス大盛

ステーキの上に乗っているバターソース

  • バター
  • パセリ
  • 塩コショウ
  • おろしにんにく(チューブ)
  • レモン汁

スープの食材

  • 牛肩ロースの端っこ
  • 玉ねぎ
  • ニンジン
  • コンソメ
  • 塩コショウ

サラダの食材

  • レタス
  • ニンジン
  • 玉ねぎ

サラダとスープを作ってみる。

いきなりステーキでワイルドステーキを注文すると先にスープとサラダが出てくる。↓

まず、これを作ってみることにしました。

スープの作り方

  1. 荒く刻んだニンジンと玉ねぎを水の状態から茹でる。
  2. 沸騰したあたりで牛ロースの端っこを少し入れる。
  3. 塩コショウとコンソメで味を調えて。

30分程煮込んで完成。↓

サラダの作り方

  1. 千切りにしたニンジン
  2. 1~2ミリ程度の厚さで切った玉ねぎ
  3. ちぎったレタス

紫キャペツを忘れました。(笑)

スープとサラダの完成。

ワイルドステーキを作ってみる。

バターソースを作る。

まずステーキの上に乗っかっているバターを作る。↓

これ。

バターを作るのに使った食材は。↓

  • バター
  • パセリ
  • 塩コショウ
  • おろしにんにく(チューブ)
  • レモン汁

バターソースの作り方

  1. 市販のバターを電子レンジで溶かす。
  2. パセリ、塩コショウ、おろしにんにく、レモン汁を適当に混ぜる。

冷蔵庫で冷やして完成。↓

本物と若干色が違いますねぇ。

どうやら本物のバターソースには醤油が入っていたようです。

ステーキを焼く

再現するのに必要なのがステーキプレート。↓

私はステーキ大好き人間なので、ステーキプレートを所持しています。

ずいぶん前に購入したので覚えてませんが、一枚2000円ぐらいだったと思います。

 

いきなりステーキのワイルドステーキには、アメリカ産アンガス牛肩ロースが使われてるらしい。

残念ながらスーパーに売ってなかったので、

オーストラリア産の牛肩ロースで代用してみました。

準備したお肉は。↓

オーストラリア産、牛肩ロース厚切り、BBQ用

100グラム当り198円です。

678グラムあるので、包丁で切って300グラムに調整する。↓

 

焼く直前に塩コショウを振りかける。↓

 

いきなりステーキのワイルドステーキはどうやって焼いてる?

いきなりステーキの公式に焼き方が記載されていましたが、

  1. 常温に戻した肉を
  2. 炭火を使って表面を焼く
  3. 熱したステーキプレートの上にのせる。

らしい。

さすがに自宅で炭火まで再現することはできないので、フライパンで表面を焼くことにしました。(笑)

 

電磁調理器を二つ稼働させ、ステーキプレートを温めながら、フライパンで肉の表面を焼く。

  1. 表面が焼けたら、肉をステーキプレートに移す。
  2. 横に缶詰のコーンをそのままよそる。
  3. 先ほど作ったバターを上にのせて。

自作ワイルドステーキ完成

私はワサビ醤油が好きなので、皿に用意。

 

肉の断面

 

ワサビ醤油

 

コーン。

 

完食。

感想

ステーキプレートの厚みがないせいか、いきなりステーキのプレートよりもプレートが冷めるのが速かったです。

かかったコストは?

厳密に計算するとキリがないのでおおざっぱに計算すると・・・。

牛肩ロースが300グラムで600円

それ以外の

  • スープ
  • サラダ
  • バター
  • ご飯

で200~300円かかったとして・・・。

600+200~300

=800円~900円程度です。

いきなりステーキのワイルドステーキが300グラムで1390円(税抜き)

ですので、やはりワイルドステーキはコスパが高いですね。

わざわざ自宅で再現する物好きな人はあまりいないかと思います。