奇岩城 岩櫃山 密岩通りの危険度は?

大河ドラマ”真田丸”で有名になったといわれる岩櫃山に登ってみました。

岩櫃山とは群馬県吾妻郡東吾妻町にある、標高800mほどの山です。

岩櫃山に登りたい理由

一カ月ほど前、車で草津温泉に行ったとき、道中で面白い形の山を発見しました。↓

妻にこの山なに?と聞いてみると「岩櫃山だよ」と一言。

(※車の中から撮った写真です。)

大河ドラマの真田丸で有名になった山とのこと。

へぇーそうなんだ。

私はこの山を見てなぜか”奇岩城”というキーワードが浮かびました。

そうに感じた方は他にもいるかと思います。

 

あとでネットで岩櫃山のコースを調べてみると、鎖場が多いとのこと

妙義山上級者コースの練習によさそうだと思って登ってみることにしました。

駐車場へのアクセス

車でのアクセスは、Googlemapだと”古谷登山口駐車場”で検索すると出てきます。

岩櫃山への登山道は複数ありますが、どの道を使うのにもこの駐車場を使うようです。

駐車場

高崎から約1時間かけて駐車場に到着。↓

 

駐車場から岩櫃山を望む。↓

これからあの山の頂上へ行くと想像するとワクワクしてきますね。

駐車場にはガイドマップがあります。↓

私は一番険しいとされる”密岩通り”から登ることにしました。

登山道から頂上まで

駐車場から数分で、密岩通り登山口に到着。↓

なんと、冬季は自粛の看板が貼ってある・・・。

自粛ということは、禁止ではないんだよね・・・?と自分に言い聞かせながら入山。

 

登り始めて20分ほどで鎖場が出てきた。

 

昨日降ったと思われる雪が積もっている。

 

危険と噂の”天狗の架け橋”は通行止めになっている。

仕方ないので迂回路へ。

 

足場が狭く、落ちたらアウトな鎖場。

 

八合目に到達。

 

7.5合目付近からの景色。浅間隠山と浅間山が見える。

 

この割れ目の中を進む。

 

9合目に到達。

 

柵がついているから安心感あるが、断崖となっている。

 

最後の鎖場。

 

頂上。登山口から約50分かかりました。

いやぁ、疲れました。

ゆっくり昼食をとっていると、他の登山客が頂上にやってきました。

同じルートを登ってきたそうです。

その男性と30分以上登山トーク、私の2倍の年齢を重ねた男性でしたが、私が登ったことのない山など、深い話が聞けて今後の登山の参考になりました。

名残り惜しくなりながらも、お互い無事下山することを約束して先に下山しました。

こういう会話を山の頂上でできる、それだけで山に登って良かったと思ってしまいます。

まとめ

密岩通りは、定期的に〇合目と看板があるので、わかりやすい登山道でした。

往復2時間程度で往復できますが、鎖場が多く、滑落しそうな箇所がいくつかあるので、登る際は万全の準備をすることをおすすめします。