激安アイゼンを使った榛名山系相馬山の登山。

孤高の人という登山漫画があります。

その漫画では、K2と呼ばれる世界一難しい山を登るシーンがあるんですけど、

高所の雪山登山の恐ろしさがきゃんと表現できていて、漫画なのに、読んでる自分まで苦しくなりました。

そこで

  • アイゼンでの雪山の登山ってどんなもんなんだろう?

と経験してみることにしました。

つまり、漫画に影響されたってことです。(笑)

使ったアイゼンは?

アイゼンというのは雪面を快適に歩くためのトゲトゲです。

これをつけると、普通の靴だと滑りそうな雪道でも、爪のおかげで滑ることなく歩けるようになるそうです。

購入したアイゼンは

エバニュー(EVERNEW) 4本爪アイゼン。↓

本格的なアイゼンではなく、4本爪の軽アイゼンと呼ばれるものです。

仕様

  • 原産国:韓国
  • サイズ:フリー
  • 質量:250g
  • 素材:炭素鋼
  • 構造・付属品:ゴムバンド式、収納袋

Amazonに売っていた廉価品です。

登る山は?

群馬県 榛名山系相馬山。↓

(この写真は前の記事の使いまわしです。すみません)

丸く囲ってあるのが相馬山です。

私は登山素人ですので、登頂経験のある、雪がありそうな山を選んでみました。

この相馬山は、岩場が多く傾斜のきつい部分があるけど、

車で山際まで行くことができます。

2時間で往復できるので、練習に最適な山だと思いました。

それに、写真の通り、地上からよく見える山なので、晴れた日は頂上から絶景を望むことができる。

登ってみた。

駐車場から降りて、相馬山の様子をチェック。↓

良い感じで雪が残ってそう。

 

早速雪が積もっているので、アイゼンを取り付ける。

 

岩場にも凍った雪が残っています。

 

 

ハシゴゾーン。

 

登るにつれて、日当たりが良くなるからか、雪が減ってきます。

 

アイゼンなしだとツルツル滑りそうな岩場。

 

頂上の鳥居が見えてきた。

 

山頂に到達。

前回同様、絶景を望むことができた。

 

そして問題の下山。

登ってて思いましたが、下山のほうが滑る危険性が高そうだな、と

下りは登り以上に神経を使いました。

無事駐車場にたどり着いて終了。

まとめ

思ってたよりも雪が少なかったけど、初アイゼンの登山と考えれば丁度良い雪加減でした。

家に帰ってトレッキングシューズを見てみると。↓

アイゼンのゴム跡が残っていました・・・。靴もアイゼンも安かったし仕方ないか。

アイゼン使用後の状態は・・・。

若干塗装が剥げましたけど、爪は曲がったりはしなかったので、次回も使えそうです。