カルカッタコンクエストBFSでどれだけ軽いルアー投げられる?

バス釣りにおいて10グラム以下のルアーばかり使う私にとって

ベイトタックルなんて無縁だったんですけど、YouTubeでスプーンを投げている動画を見て衝撃を受けました。

今のベイトって2グラムのルアーが投げられるらしい。

いわゆるベイトフィネスというやつです。

そこで、はじめてベイトフィネスタックルを揃えてみたんですが、

そこで悩んだのがリール選び、

色んなメーカーがベイトフィネスリールを販売していますが、その中でも他のリールとは一線を課す重厚な丸形リールの、

シマノ カルカッタコンクエストBFSを購入してみました。

私がベイトフィネスタックルを購入した理由

ベイトタックルは手返しがいい

ベイトリールで軽いルアーを投げられるなら、キャスト動作の少ないベイトフィネスにしたほうがよくね?

そう、ベイトリールはスピニングリールと比べて動作が少ないので、効率的にキャストを繰り返すことができる。(重要なので二回言いました。)

  • スピニングリールの場合、ラインを指に引っかける→ベールを開く→キャスト
  • ベイトリールの場合、スプールを押さえながら、クラッチレバーを押す→キャスト

動作が一つ減るのです。

 

スマホで例えるなら画面を開く際の

”指紋認証”と”顔認証”

ぐらいの微々たる差だと思います。

でも、100回投げたとして動作が1回減るということは

3×100=300

2×100=200

100回分の動作が減るということです。

それでキャストの飛距離が変わらないなら断然ベイトフィネスのほうがいいじゃん。

そんな安直な理由でこんな高いリールを買ってしまいました。

 

実際にキャストしてみた

初のベイトタックルなので、事前にネットでキャスト方法、知り合いに適正ライン、タックルバランスを聞きました。

前にも申し上げた通り、私はリールの具体的な構造はわからないので、素人の感想となりますがご容赦ください。

タックル

  •  リール カルカッタコンクエストBFS
  •  ロッド メジャークラフト 弁慶 BIC-652UL/BF
  •  ライン フロロカーボン6lb

この条件でとある川に行って1時間ほど投げてみました。

3グラムのスプーン

まず投げたのは・・・3グラムのスプーン

 

結果・・・

最大23メートルほどの飛距離でした。

カルコンBFSの遠心ブレーキはMAXとMINの中間が一番バランスよかったです。

ベイトフィネス練習

 

1グラムのスプーン

 

結果・・・

ルアーが軽すぎてほとんど飛びませんでした。

いいところ5メートルぐらいでしたので、実釣には程遠いですね。

2グラムのスプーン

次は個人的に一番使用頻度の高い2グラムのスプーンを投げてみました。↓

正確には2.16グラムでした。

 

結果・・・

何度もキャストしてみてラインカウンターでは

17mから23m程度の数値が出ていました。↓

(左投げ)カルカッタコンクエストBFSで2gのスプーンを投げてみた

無理して飛距離出そうとするとバックラッシュするので、なるべく優しくキャストするように意識しました。

まとめ

カルカッタコンクエストBFSは・・・

  • 2グラムのスプーンはキャストできる。
  • 1グラムのスプーンは軽すぎてキャストできない。

ということになりました。

私がベイトキャスティングに慣れてないだけで、ロッドやライン次第で1グラムのスプーンを投げられるという人もいるかもしれません。

 

実際に使ってみて、確かにベイトタックルの手返しは素晴らしいと思いました。

ベイトの場合「バックラッシュ」という構造的な問題を抱えているので、その不安を抱えながらキャストするなら、素直に扱いやすいスピニングを使えばいいだけなんじゃ・・・?という疑問も感じました。

もう少しキャスト練習が必要なんですかね。

カルコンBFSはどんな人におすすめ?

  • スピニングタックルに飽きた人
  • ベイトタックルでライトリグ、2g程度のスプーンを投げたい人
  • 丸形リールを使いたい人

Amazonのレビューは?

ちなみにカルコンBFSはAmazonのレビューで、

評価数30以上で4.5という評価。

やはり他のベイトフィネスリールとは一線を課す丸形デザインに惹かれたという方は私以外にもいるかと思います。