公園のべ竿釣りの必殺仕掛け?”ドボン”

こんにちは。かずです。

この間ネットでヘラ釣りの情報を調べてみると良い仕掛けを発見しました。

出典:ドボンを極める! – 巨べら師養成所

通称”ドボン”と呼ばれる釣り方である。

流れのある川で確実に底を取るための仕掛けなんだそうです。

他にも何度もエサ打ちしなくていいので渋い釣り場にも向いていると言われていますな。

名前の由来は重めのオモリを使う仕掛けなので「ドボン」と音がすることかららしい。

 

この仕掛けを見て思ったのは・・・公園の鯉釣りにも使えるかも・・・?

・・・というか鯉の吸い込み釣りと似ていますね。

 

私が作ったドボン仕掛け。↓

ターゲットは鯉と大きめのフナです。

 

ハリスはよつあみ ダイニーマ鯉ハリス4号

オモリはナス型1.5号(約5.5g)。オモリの遊動幅は10cmにしました。

遊動幅を付けることで吸い込みやすくなるかな・・・?面倒であれば遊動式でなくても良い気がします。

針は内掛け結び。写真では吸い込みやすくするため発泡剤をつけています。エサによってはつけなくても良いと思います。

 

オモリで確実に底を取る。おもり>>>ウキの浮力にするのが重要。まぁ1.5号のナス型を浮かせられるのは相当デカいウキになるかと思いますが・・・。

仕組み的にほぼ向こう合わせとなる。

極端な話、ウキは↓のように寝かせておいても良さそうです。

ただ、合わせが極端に遅いと竿を立てられずにいわゆる「のされる」状態になるので気をつけた方が良いですな。

エサは練り餌、ミミズ、コーンなんでも平気そうです。

重いオモリを使うので練り餌系ではエサ落ちが分からないのが弱点。

気を付ける点はぼーっとしてかかった魚に竿を持ってかれないようにすることですかね。

私は念のため、のべ竿にネジ式リングとコードを付けてズボンのベルトや折り畳み椅子などに繋げています。↓

まとめ

今回のべ竿の仕掛け”ドボン”を紹介しました。

この仕掛けは固形エサを使えば放置しているだけで釣れる可能性あるので、のんびり釣りしたい人や私のような素人にもおすすめな仕掛けですな。