釣り専用プライヤーの使い勝手は?

大人になってから釣りを再開して5年以上経ちます。その間糸を切ったり、魚の針外しに使っていたのはただの工具用のプライヤーでした。↓

 

今年からPEラインを使い始めたんですが、工具用のプライヤーだとPEラインが綺麗に切れないので、Amazonでコスパの高そうな釣り用プライヤーを探してみました。

Amazonで見つけて購入してみたのがこちら。↓

 

Umibozu(ウミボウズ) フィッシングプライヤー。↓

Amazonの説明には釣り好きの方の意見を参考に生まれたフィッシングプライヤーとのことで、これ一つあれば糸切、スプリットリング外し、ガン玉潰し、魚の針外しなど一通りできるそうです。

本体はアルマイト加工された航空技術用アルミニウム素材を使用しているそうで、84グラムと軽く錆びにくくなっています。

 

奥側にあるラインカッターにはタングステンカッターを使用しているので、PEラインは綺麗にカットできます。

※このラインカッターはネジで留めてあるんですけど時々緩むことがあるのが難点

 

先端にはスプリットリング外しがついています。 小さめのリングは外しにくいですが、普通の大きさのリングなら簡単に外すことができます。

 

ストラップが付属されているのも良心的で好感が持てます。

 

購入してから釣行したのは3回ですが、さすが釣り目的に開発されたプライヤーだけあって使い心地は抜群ですね。

工具用の万能プライヤーでも釣りには使えますが、釣り専用プライヤーのほうがストレスなく釣りを楽しめます。

購入する前はプライヤーに2000円台はちょっと高いと感じましたが、実際に使ってみるとそれだけ出す価値は十分あると思いました。