どう頑張ってもニキビが治らない場合に疑うべきことは?

ニキビ歴〇十年のかずです。

中学生の時にニキビができ始め、一番のピークは高校生のときでした。

当時顔中に無数の赤ニキビができていました。

バイト先のお客さんからはニキビ面というあだ名で呼ばれていたと思います(笑)

ニキビができると鏡を見るのも嫌になってくるんですよね。

現在30半ばになり、ニキビの数はかなり減りましたがニキビ跡は残っています。

 

先に結論を申し上げますと、洗顔、保湿などいくら頑張ってもニキビが消えない場合、小麦アレルギーの可能性があります。

小麦系の食事ばかりの人はまず疑うべきです。

 

私は病院でアレルギーチェックを実施したことはありませんが、小麦系の食べ物を減らすことでニキビが飛躍的に減りました。

小麦を断つというのはなかなか難しい

現代の食生活で小麦を断つというのはとても難しい試練です。

パン、ラーメン、うどん、そば、パスタ、ハンバーガー、カレーなどおいしい食べ物には大体小麦が入っています。

上記に挙げたものすべて私の大好物です(笑)

しかも自分に食事制限という制約を設けると余計食べたくなってくるんですよね。

ごはんを主食にする

小麦を断つということは米を主食にすることになります。

 

私は職場の昼食にはおにぎりを用意して夕食にはご飯+おかずを食べるようにしています。

私は薄毛対策もしているので体に良いとされる納豆+ご飯にすることが多いです。

30代の薄毛対策は?
30半ばになって悩みの一つである薄毛。 30代になってから、生え際と頭頂部が少し薄くなってきてると感じています。 生え際は鏡で簡単にチェックすることができますが、頭頂部って自覚しにくいんですよね。 今から1年半前に奥さんから「頭頂部が...

まとめ

偉そうなことを言いましたが、私もまったく小麦を食べないわけでなく週2程度でラーメンやカレーなどを食べています。

完全に断つのが難しいという場合は意識して小麦系の食品を減らしてみるといいでしょう。

例えば3食のうち2食をご飯の主食にするなどです。

”小麦” ”ニキビ”で検索すると専門家の意見など詳しいことが分かるので是非とも調べてみることをおすすめします。